RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第157局 羽生善治 前竜王 VS 南芳一 棋王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第157局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第157局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1991年03月18日
棋戦名
第16期棋王戦五番勝負第4局
対局者
☗羽生善治 前竜王☖南 芳一 棋王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
覇道
MusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 相手の攻撃に隙きを作って一気に仕留める羽生先生

序盤、相矢倉の将棋になり、双方とも攻撃寄りの陣形を構築します。

中盤、南先生が40手目☖7五歩から1歩交換をしたのに対し、羽生先生は☗6五歩と角を追い払ってから☗3五歩とします。羽生先生は飛車先を全く突いていなかったので攻撃は中途半端になりますが、桂損と引き換えに3二の金を2三に上ずらせることに成功します。その後、南先生が反撃に出ますが、羽生先生は適切に対応し、隙きを作ることに成功します。

終盤、南先生の攻撃が止まった瞬間に羽生先生が猛攻を仕掛け、そのまま南先生の玉を仕留めることに成功し羽生先生が勝利を収めました。

相手の攻撃に隙きを作って一気に攻め込み勝利を収めた羽生先生の指し回しは実に興味深いものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年12月27日
棋戦名
第2期十段戦七番勝負第6局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 十段
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
臨界
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、会心の勝利で最終局へ」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 手筋で桂馬を成りこんでそのまま制圧して勝利を収める大山先生

序盤、角換わり相腰掛銀模様の展開になりますが、升田先生は堅陣に入場したのに対し、大山先生は角打ちを警戒したやや薄い構えを取ります。

中盤、升田先生が45手目☗4五歩から仕掛け、☖同歩☗同桂に対し大山先生は☖2二銀と桂の捕獲を狙います。対する升田先生は☗4四歩☖同金☗6五歩☖同銀☗5三桂成と桂馬を成り込みます。以降は升田先生が攻め、大山先生が受けという展開が続きます。

終盤、大山先生も反撃を試みますが、升田先生はがっちりと受け止めそれ以上の攻撃を許さない指し回しをします。その後、奇麗な決め手を放って升田先生が勝利を収めました。

升田先生の手筋や奇麗な決め手に注目し、できる限り自分の物にしたいと思った一局です。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第156局 南芳一 棋王 VS 羽生善治 前竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第156局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第156局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1991年03月08日
棋戦名
第16期棋王戦五番勝負第3局
対局者
☗南 芳一 棋王☖羽生善治 前竜王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
神風
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 一気に攻め立てそのまま勝利を収める南先生

序盤、相矢倉の将棋になり、南先生は防御寄りの陣形、羽生先生は攻撃寄りの陣形を構築します。途中お互いの角を歩で追い払い合うやりとりがあります。

中盤、南先生が55手目☗3五歩から仕掛け、桂と歩を刺し違えつつ香車を交換し、4筋から殺到します。それに対応する羽生先生の守備陣はみるみるうちにバラバラになっていきます。

終盤、羽生先生も多少の反撃をするものの、南先生の攻撃の方が速くそのまま南先生が勝利を収めました。

南先生の怒涛の攻撃は実に興味深いものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第135局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第135局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第135局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年12月23日
棋戦名
第3期棋聖戦五番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 棋聖
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、巧妙な自陣角で先勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. リスクを承知で果敢に挑む升田先生の攻めをしっかりと受け止める大山先生

序盤、角換わり相腰掛銀模様の展開になりますが、大山先生は腰掛銀に組まない代わりに6筋の位を確保します。

中盤、升田先生が6筋の位に反発したところで戦いが勃発し、大山先生が妙角を放ったため大山先生が若干有利になりました。

42手目☖6五歩に対し升田先生は☗4八飛☖1三角と角を一旦追ってから☗6五銀右と決戦を挑みます。以下、☖同桂☗同銀☖8六歩☗6四歩と進み以降激戦になります。

終盤、升田先生は大山先生の玉をもう少しのところまで追い詰めますが、大山先生は冷静に対処して難を逃れ、反撃し、その反撃が決まって大山先生が勝利を収めました。

リスク覚悟で決戦を挑むのはなかなかできないことですが、リスクを取らないとチャンスをつかめないことはよくあるのでここぞというときには決断を下したいと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus