この記事は約 2 分で読めます ( 約 654 文字 )

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第122局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第122局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年12月25日
棋戦名
第1期十段戦七番勝負第6局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
覇裟羅煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、大胆な位取りで3―3に」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 大胆な指し回しで勝利を収める升田先生

序盤、相矢倉模様の展開になりますが、升田先生は大胆にも☖6五歩と6筋の位を取ります。

中盤、升田先生が☖7五歩1歩交換をし、大山先生が7六の地点を守らなかったので☖7六歩~9筋で1歩入手~☖7五歩で銀を捕獲します。対する大山先生は升田先生の飛車を抑え込むことになんとか成功します。

終盤、升田先生の攻撃の勢いが増していく中、大山先生も徹底抗戦の構えを見せます。その後、大山先生は粘りに粘るものの、升田先生は強硬手段で挟撃態勢を築き上げ、そのまま押し切ることに成功しました。

升田先生が大胆な構想を見事に実現し勝利を収めたこの将棋は実に興味深いものだったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。