RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第186局 羽生善治 二冠 VS 谷川浩司 竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第186局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第186局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1993年01月05日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第7局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖谷川浩司 竜王
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
臨界
知恵と知謀の探求者
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 終盤の角の活用で勝利を収めた羽生先生

序盤、角換わりの将棋になり、双方とも腰掛銀に構えました。

中盤、羽生先生が☗2六角と角を放ち、4筋から谷川先生の守備陣に攻めかかりました。その後、羽生先生は7筋を絡めて7筋にと金を作ることに成功しました。

終盤、羽生先生は飛車角交換をして、手にした角を攻防に放ち、その角を活かして谷川先生の玉を詰ませて勝利を収めました。

羽生先生の終盤の角の活用は実に興味深かったと思います。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第165局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第165局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第165局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1971年04月07日
棋戦名
第30期名人戦七番勝負第1局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山流の勝ち方」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の攻撃をことごとく無力化して勝利を収めた大山先生

序盤、大山先生は四間飛車を選択し、升田先生は急戦模様からの引き角戦法を採用しました。

中盤、升田先生が角を引いたまさにその瞬間に大山先生は☗5五歩と仕掛けました。それに対し升田先生は対応を誤り徐々に大山先生が有利になりました。しかし升田先生も必死に五分に戻そうと奮闘しました。

終盤、攻めても十分に勝てる局面で大山先生はあえて升田先生の攻めを切らしにかかってそのまま勝利を収めました。

終盤の大山先生の指し回しは実に大山先生らしい指し回しで実に興味深かったです。

使用音楽については、タイトル戦だったので煉獄庭園様の曲をチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第185局 羽生善治 二冠 VS 谷川浩司 竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第185局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第185局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年12月24日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第6局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖谷川浩司 竜王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
裏桜華
知恵と知謀の探求者
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 光速の寄せで羽生先生の玉を一気に仕留めた谷川先生

序盤、矢倉の将棋になり、双方とも玉が囲いに入場しました。

中盤、谷川先生が先に攻め、手に乗って馬を作り、駒得を拡大していきます。その後、谷川先生が主導権を握る展開になります。

終盤、羽生先生も攻撃しようとしますが、谷川先生はそれを手抜いて羽生先生の守備陣に殺到し、そのまま勝利を収めました。

谷川先生の光速の寄せは大変興味深かったと思います。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第164局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第164局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第164局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1969年10月11日
棋戦名
第8期十段戦挑戦者決定リーグ
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
陽動振り飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
知恵と知謀の探求者
RaO
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「剣が峰で耐える」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 一石二鳥の守りの好手で升田先生の攻撃を凌いだ大山先生

序盤、升田先生がなかなか態度を決めなかったため変則的な出だしとなりました。その後、升田先生が陽動振り飛車+銀冠を目指したため、大山先生は持久戦を目指しました。

中盤、升田先生が突如急戦を目指したため、2筋~6筋あたりで戦いが勃発し、徐々に升田先生が有利になっていきました。

終盤、大山先生の玉がかなりピンチになりますが、途中升田先生が攻撃の手を誤り、大山先生の☗5六馬によって升田先生の攻めが切れ、大山先生が逆転しそのまま勝利を収めました。

序盤・中盤のねじり合いや終盤の大山先生の絶好手からの逆転はなかなか興味深い将棋だったと思いました。

使用音楽については、序盤・中盤は升田先生が工夫を凝らした将棋で優位に立ったのでふさわしそうなBGMを、終盤は大山先生が逆転したので大山のテーマを選出しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus