RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

はじめに

将棋画像

記事の概要

この記事では、このブログの概要について説明します。

ご挨拶

このブログでは、将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

私が投稿した棋譜鑑賞動画はこちらでも掲載し、先手、後手、戦型(簡易的な分類)の情報を付与します。

サイトマップもご用意していますのでぜひ活用してください。

それでは当ブログをよろしくお願いします。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第197局 谷川浩司 棋聖 VS 羽生善治 三冠

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第197局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第197局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1993年06月29日
棋戦名
第62期棋聖戦五番勝負第2局
対局者
☗谷川浩司 棋聖☖羽生善治 三冠
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
火龍狂演
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 一瞬の隙きを突いて一気に寄せきった羽生先生

序盤、角換わりの将棋になりました。谷川先生は腰掛け銀を目指し、羽生先生は棒銀を目指しました。

中盤、谷川先生が☗4五歩☖同歩☗同桂と仕掛けました。その後、互いに4筋の態勢を整えあいました。今度は羽生先生が9筋から仕掛け、自玉を少々危険に晒しながらも羽生先生は馬を作ることを優先しました。

終盤、谷川先生は羽生先生の玉頭から殺到し、谷川先生が優勢となりました。しかし、89手目☗6五銀が疑問手で、羽生先生に反撃する猶予を与えてしまい、そのまま詰めろを掛けられてしまいました。その後、谷川先生は羽生先生の玉に必死に迫ろうとしましたが届かず、谷川先生は投了しました。

89手目☗6五銀で飛車を逃げていれば、少なくとも詰めろに必要な飛車を渡さないので、詰めろがかからなかったことを考えると、升田先生の名言である「錯覚いけない、よく見るよろし」の重要性を噛み締めざるを得ませんでした。

BGMはそれっぽいものを適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第196局 羽生善治 三冠 VS 谷川浩司 棋聖

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第196局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第196局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1993年06月19日
棋戦名
第62期棋聖戦五番勝負第1局
対局者
☗羽生善治 三冠☖谷川浩司 棋聖
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Rise UP「紅」
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 絶妙な中合いで勝利を掴んだ谷川先生

序盤、相矢倉の将棋になりました。囲いは双方とも金矢倉を、攻撃陣形は双方ともに雀刺しを選択しました。

中盤、谷川先生は羽生先生の角を仕留めることに成功しますが、羽生先生は銀桂を手にして2枚替えとなりました。その後、谷川先生は1筋の香車を入手後8筋からの攻めを見せました。

終盤、羽生先生が攻勢に出ますが、その攻めに一瞬の隙きが生まれ、その隙きに谷川先生は攻撃を仕掛け、詰めろを掛けました。羽生先生は攻防手で詰めろをほどこうとしますが、谷川先生は絶妙な角の中合いでこれを阻止し、そのまま勝利を収めました。

自玉が詰まないことを見切った上で、絶妙な角合いをし、勝利を収めた谷川先生の終盤は素晴らしくすごいものだと思いました。

BGMはそれっぽいものを適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第195局 福崎文吾 八段 VS 羽生善治 三冠

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第195局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第195局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1993年05月25日
棋戦名
第62期棋聖戦挑戦者決定トーナメント決勝
対局者
☗福崎文吾 八段☖羽生善治 三冠
戦型
相掛かり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Akatsuki JAPAN
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 上手く駒を運んで勝利を掴んだ羽生先生

序盤、相掛かりの将棋になり、福崎先生は早繰り銀、羽生先生は腰掛け銀に構えました。3筋の歩と角の両方を交換後、福崎先生はバランス重視の中住まい、羽生先生は金矢倉に組みました。

中盤、羽生先生の☖3五歩から局面が動き出しました。銀を6五に持っていき、飛車を5二に据えて、☖5七歩と打ってと金を作り羽生先生が有利になりました。

終盤、福崎先生は羽生先生に迫ろうとするも届かず、羽生先生に玉を寄せられて福崎先生は投了を選択しました。

上手く駒を運んで勝利を勝ち取った羽生先生の指し回しは実に興味深いものだったと思います。

BGMはそれっぽいものを適当に選びました。