RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

はじめに

将棋画像

記事の概要

この記事では、このブログの概要について説明します。

ご挨拶

このブログでは、将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

私が投稿した棋譜鑑賞動画はこちらでも掲載し、先手、後手、戦型(簡易的な分類)の情報を付与します。

サイトマップもご用意していますのでぜひ活用してください。

それでは当ブログをよろしくお願いします。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第050局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第050局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時1956年01月08日
棋戦名第5期王将戦七番勝負第3局
場所東京都港区「比良野」
対局者▲升田幸三 八段
△大山康晴 王将
戦型矢倉
棋譜の出典「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲「Michikusa2」by PeriTune
「Amenoshita2」
「Intimate Feelings」by Cyber Rainforce
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

この将棋は升田先生が勝利すれば升田先生が王将を獲得し、かつ、升田先生念願の「名人に香車を引いて勝つ」の対局を行えるチャンスをつかめる将棋です。

41手目▲7五歩は升田先生らしい踏み込みですが無理筋で、「▲6八角と自陣を固めて十分だった」と升田先生。以降は大山先生が有利に進めます。

98手目△4八銀が敗着で、解説の畠山七段によると「△2九飛か単に△4九飛と打ち、▲5八金打なら△同竜▲同玉△4七金▲6七玉△7六銀▲6六玉△6五歩で勝ち。」とのこと。以降は升田先生が有利に進め、そのまま終局を迎えます。

一見勝ちに見えても実際は意外と難しく逆転することもあるのですね。だからこそ将棋は面白いのですけど。

使用音楽については、序中盤は初心に帰って「Michikusa2」、「Amenoshita2」を採用。終盤は大逆転劇が起こったのでで「Intimate Feelings」を採用しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第049局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第049局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時1955年12月22日
棋戦名第5期王将戦七番勝負第2局
場所東京都港区「比良野」
対局者▲大山康晴 王将
△升田幸三 八段
戦型矢倉
棋譜の出典「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲「Michikusa」by PeriTune
「Amenoshita」
「Fortune」by Cyber Rainforce
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

この将棋は升田先生の体調があまり芳しくない状態で行われつつもなんとか升田先生が勝利を収めた一局です。

49手目▲1六歩が封じ手で、その夜升田先生は下痢で8回もトイレに行くことになり一睡もできなかったそうです。

50手目△5四歩について升田先生はこう語っています。「△1四歩が自然だと思ったが、長い将棋になると体力に自信がないから思い切って仕掛けた。」と。

60手目△8四角のあたりで薬が効きだしたようで、升田先生曰く「薬が効きだして、体調が良くなったら緩んでしまった。△8六歩▲7五銀△8七歩成▲同金△7五歩▲7四歩△8六歩▲同金△8五歩▲8七金△6五銀とすればよかった。」

89手目▲7七歩はしぶとい手で、そのしぶとさ故かこの局面で升田先生が後ろに倒れ、注射を打って続行したそうです。

体調が悪い中で指し続け勝利を収めた升田先生の精神力に敬意を表するとともに、自分も苦難に当たった時はこうありたいと思いました。

使用音楽については、序中盤は初心に帰って「Michikusa」、「Amenoshita」を採用。終盤は升田先生の精神力の強靭さに敬意を表する意味で「Fortune」を採用しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第048局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第048局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時1955年12月13日
棋戦名第5期王将戦七番勝負第1局
場所東京都港区「比良野」
対局者▲升田幸三 八段
△大山康晴 王将
戦型矢倉
棋譜の出典「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲「Akatsuki Japan」by SHW
「会心の一撃 ループ版」by 回覧百貨箱
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

「大山VS升田 全局集」では139手中12手のピンポイント解説が載っています。

23手目▲3八角は現代では定跡となっている手ですが、この対局で出現した新手です。解説担当の畠山七段によれば、以下△4四歩▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△3三金▲2五飛△2四歩▲2八飛△2二飛で先手が面白くないというのが現代の結論だそうです。

畠山七段によれば、81手目▲5三桂成では▲3三歩△同桂▲同桂成なら先手勝ちだったようです。確かにその後△8八馬まで同じように進めば▲3二金△同玉▲4二金以下詰みそうな感じです。

113手目▲6三歩成は「たまには派手な手をやらんと腹の虫が収まらぬのでね」と盤側にそう話し掛けて升田八段は指したそうです。

使用音楽については、序盤はいい感じの和風の曲が見つかったので「Akatsuki Japan」を採用。後は升田先生の攻めが炸裂したので「会心の一撃 ループ版」を採用。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第047局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第047局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時1955年10月29日
棋戦名第4回読売全八段戦決勝三番勝負第2局
場所大阪府大阪市「鉢の木」
対局者▲大山康晴 名人
△升田幸三 八段
戦型矢倉
棋譜の出典「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲「Fortune」by Cyber Rainforce
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

「大山VS升田 全局集」では98手中12手のピンポイント解説が載っています。

当事者が悪いと思っていても解説担当の畠山七段がそうではないというほど難解な将棋を升田先生が制した一局です。

畠山七段によれば、81手目▲5三桂成では▲3三歩△同桂▲同桂成なら先手勝ちだったようです。確かにその後△8八馬まで同じように進めば▲3二金△同玉▲4二金以下詰みそうな感じです。

また、激指によると97手目▲6八銀が敗着とのことですが、▲2三歩成としても詰むのかどうかわかりにくく(棋譜汚しを嫌った)、▲7九銀も△6八歩以下の詰みがある等適当な受けも見つからないため投了やむなしといったところでしょう。

使用音楽については、升田先生の闘病生活からの復帰後の優勝ということで「Fortune」を採用しました。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status