RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

はじめに

将棋画像

記事の概要

この記事では、このブログの概要について説明します。

ご挨拶

このブログでは、将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

私が投稿した棋譜鑑賞動画はこちらでも掲載し、先手、後手、戦型(簡易的な分類)の情報を付与します。

サイトマップもご用意していますのでぜひ活用してください。

それでは当ブログをよろしくお願いします。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第142局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第142局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第142局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1964年11月09日
棋戦名
第3期十段戦七番勝負第2局
対局者
☗大山康晴 十段☖升田幸三 九段
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
火龍狂演
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、中飛車で雪辱」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 相手の攻めを事前に軽減してから猛反発して勝利を収める升田先生

序盤、升田先生は振り飛車を匂わせる駒組みをし、それを察知した大山先生は対振り飛車の構えを取ります。その後戦型は☗居飛車急戦VS☖ツノ銀中飛車になりました。

中盤、大山先生が☗3五歩から仕掛けますが、升田先生は事前に☖5一角と引いていたのでそこまでの迫力がなく、升田先生は悠々と反撃をし、大山先生は守勢に回らざるを得なくなりました。その後、徐々に升田先生が有利になっていきました。

終盤、大山先生は怒涛の粘りを見せますが、升田先生は冷静に対処し、一時は後退しつつも大山先生の玉を寄せ切りそのまま勝利を収めました。

相手の攻めを事前に軽減しておいて猛反撃を決めて勝つ。こういった勝ち方を自分もしてみたいと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第162局 児玉孝一 六段 VS 羽生善治 棋王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第162局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第162局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年05月01日
棋戦名
第40期王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦
対局者
☗児玉孝一 六段☖羽生善治 棋王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
桜祭り -桜花絢爛mix-
龍的交響楽
藤村ほわん
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. カニカニ銀の守りの薄さを的確に咎め勝利を収める羽生先生

序盤、相矢倉模様の将棋になりますが、羽生先生はそのまま矢倉を目指しますが、児玉先生は2枚の銀を中央に繰り出しカニカニ銀を目指しました。

中盤、羽生先生が7筋から攻撃を仕掛けました。その後、戦いの中心は盤面左辺から盤面中央へと移っていきました。

終盤、羽生先生は飛角を見捨てつつも中央に厚みを構築し、その厚みを起点に児玉先生の玉を寄せ切り勝利を収めました。

児玉先生の陣形のバランスは良いのですがその分守りが薄くなる傾向があり、その弱点を咎めた羽生先生はさすがだと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1964年10月30日
棋戦名
第3期十段戦七番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 十段
戦型
横歩取り
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「珍しい相横歩取り、大山が制す」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. かなり珍しい穏やかな相横歩取りの将棋

序盤、先手の升田先生が早々と☗9六歩としたため、升田先生は実質後手に回ります。戦型は横歩取り模様の展開から相横歩取りになりました。

中盤、相横歩取りの将棋は飛車交換から激しい展開になる場合もありますが、本局では比較的穏やかな展開に成りました。升田先生はやや攻撃的な構えを取り、大山先生は守備的な構えを取ります。

升田先生が8筋・9筋からの突破を試みますが☗8四飛で飛車の横利きが消えました。大山先生はその瞬間を見逃さずにに☖2六歩以下踏み込んで、金銀と飛車との2枚替えを成功させ、同時に升田先生の守備陣の2筋・3筋を突破することに成功します。

終盤、升田先生も1手差まで詰め寄りますが、大山先生が升田先生の玉を正確に仕留め決着がしました。

相横歩取りの将棋は珍しいですが、飛車交換をしない相横歩取りはもっと珍しいと思うので、なかなか興味深い将棋が見れたと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus