RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第180局 谷川浩司 竜王 VS 羽生善治 二冠

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第180局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第180局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年10月29日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第2局
対局者
☗谷川浩司 竜王 ☖羽生善治 二冠
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
酔狂HEAVEN!
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 千日手も辞さない谷川先生の追い上げ

序盤、相矢倉模様の展開になりますが、羽生先生が積極的な動きを見せたので、谷川先生もそれに対応し、急戦模様の展開になりました。

中盤、谷川先生が中央を厚くしていきますが、羽生先生は小回りの利いた攻めで谷川先生を翻弄し、形勢は徐々に羽生先生が有利になっていきました。

終盤、羽生先生が若干有利ながら千日手が起こりやすい局面に突入し、若干不利だった谷川先生は迷うことなくその変化に突入して千日手となりました。

先手番ながら千日手を決断した谷川先生の当時のこの勝負にかけた熱い想いがひしひしと伝わってきそうな感じでした。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第159局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第159局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第159局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1968年04月16日
棋戦名
第27期名人戦七番勝負第2局
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 名人
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
酔狂HEAVEN!
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「居飛車穴熊の一局」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 居飛車穴熊を採用する升田先生とそれを打ち破る大山先生

序盤、大山先生は四間飛車を選択し、升田先生は居飛車の持久戦を目指しました。のちに升田先生は穴熊を完成させました。

中盤、最初のうちは1筋~3筋あたりで戦いが行われていましたが、大山先生が6筋に飛車を転換したため、6筋も戦場に加わります。

終盤、大山先生が急所を徹底的に攻め升田先生の玉を追い詰めかけますが、升田先生の切り札の手に対し対応を間違え形勢不明になります。

最終盤、升田先生にチャンスが巡ってくるものの、升田先生はそのチャンスを逃してしまい、最後には大山先生が升田先生の玉を寄せきって決着しました。

升田先生の当時としては斬新な発想といい、それに対する大山先生の見事な対応といい見どころ十分の対局だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第179局 羽生善治 二冠 VS 谷川浩司 竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第179局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第179局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年10月20日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第1局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖谷川浩司 竜王
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Rise Up「紅」
終焉を告げるもの
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 谷川先生の光速の寄せが炸裂した終盤戦

序盤、相掛かりの展開になり、双方とも腰掛け銀を選択したため、戦型は相掛かり相腰掛銀となりました。

中盤、谷川先生が銀交換を持ちかけ、羽生先生もそれに応じます。その後、飛車先の歩を交換したり、4筋の歩を掠め取ったりとポイントを稼いでいきました。

その後、羽生先生は手練手管を駆使して谷川先生の守備陣に迫ろうとしますが、谷川先生に上手くあしらわれ徐々に谷川先生が有利になっていきました。

終盤、羽生先生は手練手管で飛車を取り除いて持ち直したかに見えましたが、ここで谷川先生の必殺技である「光速の寄せ」が発動し、33手詰み(正しい手順の場合)の即詰みに討ち取りました。正しい詰み手順は下記盤面を御覧ください。

羽生先生が持ち直したかといった瞬間の「光速の寄せ」発動は実に興味深くて面白い展開だったと思います。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第158局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第158局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第158局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1968年04月05日
棋戦名
第27期名人戦七番勝負第1局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「勝ち急がない強さ」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の攻めをしっかりと受け止めてから勝利する大山先生

序盤、升田先生は中飛車を選択し、大山先生は持久戦模様の構えを見せました。升田先生は5筋の歩を保留した状態で左銀を繰り出し7六の歩を狙いに行きました。

中盤、戦場は2~4筋に移り、飛車角交換が行われ、互いの香車を取り合いました。大山先生は2枚飛車で一気にせまると思いきや、1つの竜を自陣に引いて升田先生の攻めをいなしていきました。

終盤、升田先生の攻撃は完全にいなされ、大山先生が反撃し、大山先生が飛車金両取りの角を打つと升田先生は投了を選択しました。

大山先生流の攻撃のいなし方は実に興味深く参考になったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus