カテゴリー:羽生先生のタイトル戦の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:羽生先生のタイトル戦
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第187局 羽生善治 棋王 VS 谷川浩司 二冠
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第187局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第187局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1993年02月06日
棋戦名
第18期棋王戦五番勝負第1局
対局者
☗羽生善治 棋王 ☖谷川浩司 二冠
戦型
矢倉・角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
風焔
維新
知恵と知謀の探求者
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

1局目2局目

形勢グラフ

1局目2局目
形勢グラフ
形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 千日手に持ち込んで実質逆転勝利を収めた谷川先生

1局目の戦型は相矢倉になりました。中盤から終盤にかけて、谷川先生が羽生先生の守備陣をバラバラにすることができましたが、そこまでで手詰まりになり、羽生先生に手番がまわりました。羽生先生は谷川先生の守備陣に襲いかかりますが、谷川先生は千日手に持ち込むことで耐えることに成功しました。

2局目の戦型は角換わり相腰掛銀になりました。中盤から終盤にかけて谷川先生が定跡通りの攻めで優勢になりあと一歩のところまでこぎつけました。そこで、谷川先生は攻撃狙いの自陣桂を放ち羽生先生に手番を渡しました。羽生先生は猛攻をしかけたものの、谷川先生の攻めのほうが若干早く、谷川先生が勝利を収めました。

千日手で耐えて実質逆転勝利を収めた谷川先生の姿勢や2局目で谷川先生が放った妙桂はじつに興味深かったと思います。

BGMは妙桂の部分はそれっぽいものを、それ以外の部分は適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第186局 羽生善治 二冠 VS 谷川浩司 竜王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第186局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第186局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1993年01月05日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第7局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖谷川浩司 竜王
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
臨界
知恵と知謀の探求者
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 終盤の角の活用で勝利を収めた羽生先生

序盤、角換わりの将棋になり、双方とも腰掛銀に構えました。

中盤、羽生先生が☗2六角と角を放ち、4筋から谷川先生の守備陣に攻めかかりました。その後、羽生先生は7筋を絡めて7筋にと金を作ることに成功しました。

終盤、羽生先生は飛車角交換をして、手にした角を攻防に放ち、その角を活かして谷川先生の玉を詰ませて勝利を収めました。

羽生先生の終盤の角の活用は実に興味深かったと思います。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第185局 羽生善治 二冠 VS 谷川浩司 竜王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第185局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第185局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年12月24日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第6局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖谷川浩司 竜王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
裏桜華
知恵と知謀の探求者
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 光速の寄せで羽生先生の玉を一気に仕留めた谷川先生

序盤、矢倉の将棋になり、双方とも玉が囲いに入場しました。

中盤、谷川先生が先に攻め、手に乗って馬を作り、駒得を拡大していきます。その後、谷川先生が主導権を握る展開になります。

終盤、羽生先生も攻撃しようとしますが、谷川先生はそれを手抜いて羽生先生の守備陣に殺到し、そのまま勝利を収めました。

谷川先生の光速の寄せは大変興味深かったと思います。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第184局 谷川浩司 竜王 VS 羽生善治 二冠
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第184局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第184局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年12月14日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第5局
対局者
☗谷川浩司 竜王 ☖羽生善治 二冠
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
覇裟羅
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 鋭い攻撃で勝利を収めた羽生先生

序盤、角換わりの展開になり、双方とも腰掛銀に構えました。

中盤、谷川先生が先に攻め、羽生先生の守備陣を翻弄しようとしますが、☗3三角を放置されたためそこで攻撃が止まってしまいました。以降は羽生先生が攻勢に回りました。

終盤、羽生先生は馬の利きを活かしたり、桂馬で逃げ道を塞いだりしながら徐々に谷川玉を追い詰め、そのまま勝利を収めましrた。

羽生先生の終盤の攻め筋は実に素晴らしく興味深い内容だったと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus