この記事は約 2 分で読めます ( 約 665 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第151局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第151局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年11月05日
棋戦名
第16期棋王戦挑戦者決定トーナメント準決勝
対局者
☗桐山清澄 九段 ☖羽生善治 竜王
戦型
相掛かり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
ゼヌーラのテーマ+ ~覚醒の勇者~
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 桐山先生の攻めを押し返して勝利を収めた羽生先生

序盤、相掛かりの将棋になりました。

中盤、6四の歩が浮いているのに目をつけた桐山先生は27手目に再度☗2四歩☖同歩☗同飛とします。羽生先生は☖6三銀と6筋の歩を受けますが、桐山先生は1筋にに手を付け1筋を圧迫することに成功します。その後、桐山先生は角香交換の駒損と馬の存在に甘んじつつも、羽生先生の守備陣をかなり圧迫させることに成功します。

終盤、このまま桐山先生が勝利するかと思われましたが羽生先生が桐山先生の攻めを押し返すことに成功し、桐山先生は必死に羽生先生の守備陣に食いつこうとするものの、わずかに及ばず羽生先生が逆転勝利を収めました。

圧迫されるだけ圧迫された守備陣を反動で(?)押し返しそのまま逆転勝利を収めたこの将棋は実に興味深いものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。