この記事は約 1 分で読めます ( 約 509 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第146局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第146局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年11月08日
棋戦名
第3期竜王戦七番勝負第3局
対局者
☗谷川浩司 二冠☖羽生善治 竜王
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
ハクギンMusMus / watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 谷川先生のギリギリの凌ぎと寄せの鋭さ

序盤、戦型は角換わり相腰掛銀になりました。谷川先生は右四間飛車で攻める構えを見せました。

中盤、谷川先生が仕掛け、羽生先生に馬を許すも角を犠牲に4筋を突破し竜を作ります。

終盤、羽生先生が猛反撃に出ますが、谷川先生は適切に対処しギリギリのところで凌ぐことに成功し、羽生先生の玉を一気に寄せきって勝利を収めました。

谷川先生のギリギリの凌ぎと寄せの鋭さは実に興味深く素晴らしいものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。