この記事は約 2 分で読めます ( 約 646 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第126局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第126局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年01月11日
棋戦名
第37回NHK杯将棋トーナメント本戦4回戦
対局者
☗中村 修 王将☖羽生善治 四段
戦型
相掛かり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
裏桜華煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 中村先生の巧みな押え込み

戦型は相掛かりの将棋になりました。

中盤、中村先生は最初は浮き飛車棒銀の構えを見せますが、羽生先生が☖3四歩と角道を開けると縦歩取り~ひねり飛車へと変化していき羽生先生の飛車を押え込みます。羽生先生がチャンスと見て角交換後☖2八角と打つと、☗1八香~☗2七角としてなにも取らせずに馬を撃退します。

その後、2筋に戻った飛車と銀で2筋を攻め立て、受けに角を使わせることで羽生先生の角をほぼ無力化します。中村先生の玉形は玉頭位取りのようなものになりました。

羽生先生も小駒を使って中村先生の守備陣を攻め立てますが、及ばず、そのまま勝敗が決しました。

中村先生の巧みな押え込みが功を奏した1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。