RICKが投稿した記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

投稿者:RICK
はじめに

将棋画像

記事の概要

この記事では、このブログの概要について説明します。

ご挨拶

このブログでは、将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

私が投稿した棋譜鑑賞動画はこちらでも掲載し、先手、後手、戦型(簡易的な分類)の情報を付与します。

サイトマップもご用意していますのでぜひ活用してください。

それでは当ブログをよろしくお願いします。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第174局 中原誠 名人 VS 羽生善治 棋王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第174局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第174局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年08月03日
棋戦名
第5期竜王戦挑戦者決定トーナメント3回戦
対局者
☗中原 誠 名人☖羽生善治 棋王
戦型
相掛かり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
花祭り
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 中原先生の攻めを巧みに受け止める羽生先生

序盤、相掛かりの将棋になりました。

中盤、中原先生が☗3五歩から仕掛けました。中原先生は羽生先生の陣形を攻め立てますが、羽生先生は手順に馬をつくり、その馬をうまく活用して持ちこたえます。

終盤、中原先生の攻勢が続くものの、だんだん攻めが細くなっていき、同時に羽生先生に攻撃態勢を築くことを許してしまったため攻防ともに見込みなしと判断したため中原先生は投了を選択しました。

羽生先生の巧みな防衛術は実に素晴らしいもので参考にしたいと思った次第であります。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第153局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第153局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第153局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1966年04月21日
棋戦名
第25期名人戦七番勝負第2局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 名人
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
キャワユイそなたとアリオリハベリイマソガリ
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「遠見の角打ち」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 遠見の角からじっくりとした指し回しで勝利を収める升田先生

序盤、角換わりの将棋になり、升田先生はじっくりとした指し回しを見せ、大山先生は積極的ながらも少々やりすぎともいえる指し回しを見せました。

中盤、升田先生は大山先生の☖3五歩を咎めるべく☗3六歩と仕掛けます。しかし、升田先生はそのまま一気に攻め倒さずに態勢を立て直した後に遠見の角を撃ってじわじわと大山先生を追い詰める指し回しを見せました。

終盤、升田先生はじわじわと大山先生を追い詰めますが、大山先生にも耐える楽しみができ、やや升田先生が有利な形勢が続きます。その後、最終盤でついに升田先生が決断し、一気に攻め倒して升田先生が勝利を収めました。

升田先生のじわじわと相手を追い詰める指し方は興味深いもので、こういう指し方も有るのかと参考になった1局です。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第173局 佐藤康光 六段 対 羽生善治 棋王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第173局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第173局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年07月10日
棋戦名
第5期竜王戦2組ランキング戦決勝
対局者
☗佐藤康光 六段☖羽生善治 棋王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
風焔
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の巧みな攻撃術

序盤、手順に多少の違和感があるものの、相矢倉の将棋になりました。

中盤、佐藤先生が3筋の歩を交換し、多少の駒組みをした後、羽生先生が6筋の歩を交換しました。その後、羽生先生は☖6五歩と位を確保したのに対し、佐藤先生は☗6三歩と垂らしました。以降佐藤先生は垂らした歩を拠点に馬とと金を作りました。その間、羽生先生は7・8筋の歩を切って攻撃態勢を築きました。

終盤、佐藤先生は馬とと金による攻めを間に合わせようとしますが、羽生先生は馬を作って歩を4枚入手すると一気に猛攻を仕掛けました。佐藤先生は一度は凌ぎ、反撃する余裕を得たものの、羽生先生は一旦自陣を整えた後再び佐藤先生の守備陣を攻め立てました。その後、佐藤先生も羽生先生の守備陣に迫ろうとしましたが、及ばずそのまま羽生先生が勝利を収めました。

羽生先生の巧みな攻撃術は実に素晴らしいもので参考にしたいと思った次第であります。

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus