この記事は約 2 分で読めます ( 約 602 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第111局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第111局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年05月02日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦1回戦
対局者
☗羽生善治 五段☖山口英夫 七段
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
風焔おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 猛攻を仕掛け、速度の差で勝利した羽生先生

戦型は☗天守閣美濃VS☖中飛車になりました。途中、羽生先生が袖飛車にしたのを見て山口先生も三間飛車に振り直します。

中盤、右辺での駒交換を経て羽生先生は山口先生の守備陣に猛攻を仕掛けます。山口先生も負けじと隙を見て羽生先生の守備陣に攻撃態勢を築きます。

終盤、互いの玉付近で攻め合いが起こり、互いに肉薄しますが、羽生先生攻めが山口先生の攻めよりわずかに早く、羽生先生の77手目☗6ニ銀成を見て山口先生が投了しました。

終盤の玉付近での攻め合いはかなり興味深い内容だったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。