この記事は約 2 分で読めます ( 約 932 文字 )

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第158局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第158局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1968年04月05日
棋戦名
第27期名人戦七番勝負第1局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「勝ち急がない強さ」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の攻めをしっかりと受け止めてから勝利する大山先生

序盤、升田先生は中飛車を選択し、大山先生は持久戦模様の構えを見せました。升田先生は5筋の歩を保留した状態で左銀を繰り出し7六の歩を狙いに行きました。

中盤、戦場は2~4筋に移り、飛車角交換が行われ、互いの香車を取り合いました。大山先生は2枚飛車で一気にせまると思いきや、1つの竜を自陣に引いて升田先生の攻めをいなしていきました。

終盤、升田先生の攻撃は完全にいなされ、大山先生が反撃し、大山先生が飛車金両取りの角を打つと升田先生は投了を選択しました。

大山先生流の攻撃のいなし方は実に興味深く参考になったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。