この記事は約 2 分で読めます ( 約 663 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第091局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年07月08日
棋戦名
第17期名人戦七番勝負第7局
対局者
☗大山康晴 王将☖升田幸三 名人
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
神風煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「熱戦制し升田が防衛」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 耐え忍んで逆転する大山先生

序盤、矢倉模様になりますが、升田先生が積極的に動いたりする等で変則的な展開になります。

中盤、升田先生は大山先生の守備陣を乱したり、大山先生の仕掛けを牽制したりする等有利に勧めます。大山先生は升田先生の攻めを耐え忍ぶ展開になります。

終盤、一時的に升田先生の攻めが途切れたのでその隙に大山先生が猛攻を仕掛け、巻き返しを図ります。升田先生の玉を裸にすることに成功するも、大山先生の攻めが途切れ、その隙升田先生が攻めの1手を放ち、その手が決め手となり升田先生が勝利を収めました。これで升田先生が名人の防衛を果たしたことになります。

升田先生の積極的な指し回し、大山先生の耐え忍んでからの猛攻。実にハラハラ・ドキドキした将棋だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。