この記事は約 2 分で読めます ( 約 642 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第100局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1984年04月22日
棋戦名
第44期棋聖戦本戦1回戦
対局者
☗内藤國雄 九段☖大山康晴 十五世名人
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
阿・吽龍的交響楽 / 藤村ほわん
RaOSHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく大山先生の受けの名局を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 大山先生の面白い玉頭戦の構想

戦型は☗居飛車穴熊VS☖四間飛車になりました。途中大山先生は向かい飛車に振り直します。

中盤、大山先生は玉頭を広げるべく玉頭戦を展開したところ、最終的には、☖7六歩・☖8六歩・☖9六歩という拠点を築くに至ります。

終盤、内藤先生は巻き返しを図るべく、大山先生の守備陣に果敢に攻めかかりますが、大山先生は内藤先生の攻めをしっかりと受け止め、内藤先生の攻めに隙を生じさせます。その後、先程築いた3つの拠点を大いに活かし内藤先生の穴熊を押しつぶすがごとく攻略し勝利を収めました。

玉頭を広げ、不気味な位置に3つの拠点を築き、その拠点を活かして穴熊を押しつぶす。実に面白い構想だと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。