この記事は約 2 分で読めます ( 約 1012 文字 )

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第152局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第152局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1966年04月07日
棋戦名
第25期名人戦七番勝負第1局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「会心のさばき」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の会心の捌き手順

序盤、升田先生が四間飛車に構えたので、大山先生は5筋位取り急戦で対抗しました。

中盤、大山先生の☗1六歩(緩手)を見て升田先生は☖5四歩から5筋奪還を目指し、玉頭を中心とした戦いが繰り広げられました。一時的には大山先生が手厚く構えることに成功しものの、升田先生はそれを押し返すことにせいこうしました。

その後、戦いは2~3筋に場を移し、升田先生がじわりじわりと2筋を圧迫していきました。大山先生は一時的に阻止したものの、升田先生は駒を捌いてその勢いで大山先生の守備陣に攻撃を仕掛けました。

終盤、大山先生は攻め合いに活路を見出すものの、升田先生に適切に対処されました。その後、升田先生が大山先生の玉を寄せ切りそのまま決着しました。

升田先生の緩急自在な指し回しと会心の捌き手順は実に興味深いものだったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。