この記事は約 2 分で読めます ( 約 1000 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第173局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第173局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年07月10日
棋戦名
第5期竜王戦2組ランキング戦決勝
対局者
☗佐藤康光 六段☖羽生善治 棋王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
風焔
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の巧みな攻撃術

序盤、手順に多少の違和感があるものの、相矢倉の将棋になりました。

中盤、佐藤先生が3筋の歩を交換し、多少の駒組みをした後、羽生先生が6筋の歩を交換しました。その後、羽生先生は☖6五歩と位を確保したのに対し、佐藤先生は☗6三歩と垂らしました。以降佐藤先生は垂らした歩を拠点に馬とと金を作りました。その間、羽生先生は7・8筋の歩を切って攻撃態勢を築きました。

終盤、佐藤先生は馬とと金による攻めを間に合わせようとしますが、羽生先生は馬を作って歩を4枚入手すると一気に猛攻を仕掛けました。佐藤先生は一度は凌ぎ、反撃する余裕を得たものの、羽生先生は一旦自陣を整えた後再び佐藤先生の守備陣を攻め立てました。その後、佐藤先生も羽生先生の守備陣に迫ろうとしましたが、及ばずそのまま羽生先生が勝利を収めました。

羽生先生の巧みな攻撃術は実に素晴らしいもので参考にしたいと思った次第であります。

BGMは適当なものををチョイスしました。