この記事は約 1 分で読めます ( 約 586 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第088局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年06月03日
棋戦名
第17期名人戦七番勝負第4局
対局者
☗升田幸三 名人☖大山康晴 王将
戦型
陽動振り飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
酔狂HEAVEN!煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大激戦の末に持将棋成立」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 相陽動振り飛車からの持将棋

序盤、矢倉模様になりますが、大山先生が10手目☖5三銀と変化し、陽動振り飛車の構えを見せ、升田先生もそれに呼応するかのように飛車を振り相陽動振り飛車になりました。

中盤、最初は升田先生が攻め大山先生が守る展開になりますが、升田先生の攻めが収束すると大山先生が攻め、升田先生が受ける展開になります。

その後、両者は共に入玉を目指し、その結果持将棋が成立しました。

開始から終局まで意外な展開続きの面白い将棋だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。