この記事は約 2 分で読めます ( 約 850 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第005局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時2018年02月20日
棋戦名第44期棋王戦予選第7ブロック2回戦
対局者▲中田功 七段
△福崎文吾 九段
戦型相振り飛車
棋譜の出典将棋DB2
使用した楽曲「いにしえのVyVy」もぜコン2/mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

昼頃(45手目▲7七歩まで進行)になんとなくこの将棋のモバイル中継を見ていたら飛車の上に玉が乗っかっていてすぐに終わりそうに見えて終わらなそうな感じだったので面白いと思い投稿を決めました。

棋譜を振り返ると福崎九段が10手目△4二銀と飛車の横利きを止めた瞬間に11手目▲7四歩と攻めかかり、そのまま攻め続けた結果その局面に至ったようです。

私が一番面白いと思った応酬は70手目以降の△3二銀▲5六桂△同香▲3二竜△7六桂▲同歩△9五角▲同歩△3二飛の流れです。△3二銀は▲同竜だと△5六桂▲5七玉△8四角で王手竜取りが決まります。手順中の△5六桂をさせないための▲5六桂。▲5六桂△同香で先述の王手竜取りがなくなったので▲3二竜。角桂を犠牲にしてでも竜を取り除こうと△7六桂▲同歩△9五角。互いの必死さが伝わってくる応酬だと思います。

局後の感想戦によると、この対局の明暗を分けたのは52手目△2五銀で、ここでは△3三銀打として、以下▲5六香△同香▲同歩△8四角と進めばまだ難しい将棋が続いたとのことです。52手目△2五銀は「桂先の銀、定跡なり」に従ったのですが、△3三銀打の方が勝っていたとは、格言も有効な時とそうでない時がありますね。

BGMは第2局で「VyVy」第3局で「いにしえの魔術書」を使ったのと、今回取り上げたのが変則的な将棋だったので「いにしえのVyVy」を採用しました。