この記事は約 2 分で読めます ( 約 906 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第166局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第166局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年09月01日
棋戦名
第40期王座戦五番勝負第1局
対局者
☗羽生善治 棋王☖福崎文吾 王座
戦型
相掛かり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Rise Up「紅」
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の福崎先生を翻弄したテクニック

序盤、相掛かり模様から一時はひねり飛車模様の展開になりますが、羽生先生が飛車を右側に留めることを選んだので相掛かりっぽい展開になりました。

中盤、羽生先生が☗1四歩から仕掛け、香車を入手し、☗8ニ香から香車で桂馬を外す等していき、それに対処する福崎先生の陣形はみるみるうちにバラバラになっていきました。

終盤、福崎先生も多少は羽生先生の玉に迫りますが、形作りに終わり、羽生先生が勝利を収めました。

「妖刀」という異名を持つ福崎先生を羽生先生が翻弄する展開は実に興味深いものだったと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。