この記事は約 2 分で読めます ( 約 909 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第164局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第164局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年07月17日
棋戦名
第40期王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝
対局者
☗羽生善治 棋王☖桐山清澄 九段
戦型
ひねり飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
MONONOFU
龍的交響楽
藤村ほわん
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 包み込むような寄せで勝利する羽生先生

序盤、相掛かり模様の将棋になり、羽生先生はひねり飛車を目指し、桐山先生は棒金での対応を目指します。

中盤、盤面中央を中心に戦いが繰り広げられますが、桐山先生の棒金は上手く行かず、陣形のまとまりの差で羽生先生が有利になります。

終盤、桐山先生も追い上げを見せますが、羽生先生の攻撃のほうが早く、そのまま勝敗が決しました。

棒金は石田流やひねり飛車に対して有効な戦法と言われてますが、不発に終わると陣形に差がそのまま勝敗につながるようです。なので、ご利用は計画的にしたほうがよさそうです。

BGMは適当なものををチョイスしました。