この記事は約 2 分で読めます ( 約 655 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第131局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第131局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年07月28日
棋戦名
第2期竜王戦 挑戦者決定トーナメント1回戦
対局者
☗小林 宏 五段☖羽生善治 五段
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
SAMURAI BLADEWingless Seraph / ユーフルカ
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のタイトル戦を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 機敏に仕掛けそのまま攻め倒す羽生先生。

序盤、戦型は☗中飛車VS☖急戦になり、小林先生は攻撃の布陣を整えてから守備の布陣を構え、羽生先生は守備陣を最小限整えてから攻撃態勢を築きます。

中盤、小林先生がようやく片美濃囲いを完成させた瞬間に羽生先生が仕掛けます。その後、中央から左辺にかけて激しい戦いが起こります。その結果、角を交換し互いに竜を作るに至ります。

終盤、互いの玉付近で攻防戦が起こりますが、小林先生のせめは羽生先生にしっかりと受け止められます。対して羽生先生の攻めは急所に刺さりそのまま小林先生の守備陣を崩壊させ勝敗が決しました。

当時の羽生先生の攻めの鋭さは実に興味深いものだと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。