この記事は約 1 分で読めます ( 約 579 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第161局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第161局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年03月16日
棋戦名
第17期棋王戦五番勝負第4局
対局者
☗羽生善治 棋王 ☖南 芳一 九段
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
覇道

MusMus
watson

動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 手厚い守備と怒涛の攻撃で相手を圧倒する羽生先生

序盤、相矢倉模様の将棋になりますが、南先生が急戦策をとったため変則的な将棋になりました。

中盤、南先生が1歩交換し、7筋の位を確保します。対する羽生先生は6筋の位を確保し、金銀4枚を縦一列に並べます。その後、羽生先生は香得からの角交換をし、その角と歩で南先生の守備陣を弱体化していきます。

終盤、南先生も攻防手を放ちますが、それでも羽生先生の攻めの勢いを止めることはできず、そのまま勝利を収めました。

相手の手に乗って守備を固め、守備が整ったら怒涛の攻撃を開始し相手の守備陣を崩壊させる。こういう指し方はぜひとも身につけたいと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。