この記事は約 1 分で読めます ( 約 559 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第137局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第137局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年10月26日
棋戦名
第2期竜王戦 七番勝負第2局
対局者
☗羽生善治 六段☖島  朗 竜王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
キャワユイそなたとアリオリハベリイマソガリ煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 攻めるも寄せきれず持将棋に持ち込んで連敗を逃れる羽生先生

序盤、双方が相矢倉を目指し、がっぷり4つの相矢倉の将棋になります。

中盤、羽生先生が端から仕掛け、1筋2筋で猛攻を仕掛けますが、島先生にうまく躱され入玉されてしまいます。羽生先生も懸命に追いかけるものの追いつくことは叶いませんでした。

終盤、島先生の玉を追い込むことを諦めた羽生先生は入玉からの持将棋を目指します。島先生は阻止しようとしますが失敗し結果持将棋になりました。

何が何でも連敗だけは阻止したかった羽生先生の闘志が垣間見えた将棋だと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。