カテゴリー:20世紀の藤井竜王の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:20世紀の藤井竜王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第060局 南芳一 九段 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第060局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1999年09月18日
棋戦名
第33回早指し将棋選手権 本戦トーナメント1回戦
対局者
☗南 芳一 九段☖藤井 猛 竜王
戦型
三間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
カザネビ -zephyrian grass-もぜコン
作曲:mozell 編曲:大臣
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 南先生の斬新な発想
  2. 藤井先生の堅実な指し回し

戦型は☗急戦VS☖三間飛車になりました。

18手目☗6六銀から戦いが始まります。その後、互い銀が暴れまわる大乱戦になります。

互いの銀による攻めを受け止めるべく、藤井先生は左金を上がって陣形を引き締めます。しかし、南先生も陣形が右辺に憂いがあったのか左金を上がります。藤井先生の陣形が引き締まったのに対し、南先生の陣形はまとめづらくなってしまいます。

その後は藤井先生が南先生の陣形を攻め立て、南先生がそれを受け止める展開になります。南先生も終盤で多少攻撃するチャンスを得ますが及ばず藤井先生が勝利を収めました。

たまには斬新な発想や柔軟な発想が生む変則的な将棋を見てみるのもいいかもしれません。決まりきった定跡系と違って興味深い部分が多々あり、かなり面白い将棋になることが多いです。

BGMは適当にチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第059局 羽生善治 四冠 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第059局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2001年11月29日
棋戦名
第14期竜王戦 七番勝負第5局
対局者
☗羽生善治 四冠☖藤井 猛 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
バトルオブマオもぜ楽4
mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の痛快な指し回し

戦型は☗急戦VS☖四間飛車になりました。

39手目☗4五歩から戦いが始まります。その後、中央から左辺を主戦場とした戦いが繰り広げられます。

45手目☗4四歩に対し、☖同角と取ります。その後、☗4五歩☖3六歩!☗4四歩☖3七歩成☗5四歩☖同歩☗5七銀☖8四桂☗5三角と進みます。☖3六歩は勢いといえば勢いの1手なのですが、駒損の上先攻を許したとなっては藤井先生が指しにくそうな局面になったことを踏まえると疑問に感じます。その後は羽生先生が二枚の馬を軸に藤井先生の守備陣を撹乱する展開になります。

藤井先生も羽生先生の守備陣のへの攻撃を試みますが、羽生先生の陣形はみるみる横からの攻めに強くなり、手をつけにくくなっていきます。その後、109手目☗3八香によって羽生先生の陣形がかなりの堅陣になったのをを見て藤井先生は投了を選択肢ました。

羽生先生の指し回しが光った、そんな1局だと思います。

BGMは適当にチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第058局 藤井猛 竜王 VS 羽生善治 四冠

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第058局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2001年11月20日
棋戦名
第14期竜王戦 七番勝負第4局
対局者
☗藤井 猛 竜王☖羽生善治 四冠
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
バトルオブマリオンもぜ楽3
mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の痛快な犠打

戦型は☗藤井システムVS☖居飛車穴熊模様になりました。

31手目☗4五桂から戦いが始まります。その後、中央を主戦場とした激しい戦いが繰り広げられます。

終盤にかけて激しい攻防が続きますが、77手目☗1一銀あたりでは藤井先生がもう少しで羽生先生の玉を追い詰めそうな感じになります。

しかし、その後事件が起こります。羽生先生は☖3五歩とします。☗同歩であまり意味がないように見えますし、☗同歩に☖同銀は☗3三と以下寄りそうな感じです。本譜は☗同歩☖3一銀!と進みます。3二のと金を取られると攻めが後退するので☗同とと取りますが、そこで☖3五銀で以降右辺に逃げ込まれ羽生先生の玉が寄らなくなってしまいました。その後、攻めの速度が逆転し、羽生先生の勝利となりました。

単体では意味がないような手でも組み合わせによっては絶大な効果を発揮することがある。こういうことを学んだ1局です。羽生先生の受けの構想が光った1局ともいえるでしょう。

BGMは適当にチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第057局 羽生善治 四冠 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第057局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2001年11月07日
棋戦名
第14期竜王戦 七番勝負第3局
対局者
☗羽生善治 四冠☖藤井 猛 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
オーバルシンクもぜ楽3
mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の痛快な寄せ手順

戦型は☗急戦VS☖四間飛車になりました。

29手目☗4五歩から戦いが始まります。その後、飛車交換が行われ、守りは藤井先生の方が堅いので藤井先生が有利な展開に思える局面が続きます。

中盤、藤井先生は54手目☖6五桂と打って、☗6六銀☖7七桂成で金を入手して、☗同銀☖5一金で飛車を追いやりつつ守備を固めます。このあたりでも藤井先生が指しやすそうな感じです。

しかし、その後事件が起こります。60手目☖4六歩に対して羽生先生は☗3五馬。後の☗7一銀を見据えた1手なのですが、☖5一金があるため一見意味のない手に見えます。そこで藤井先生は☖4七歩成としますが、ここでは☖6ニ金左と金を逃げるべきでした。なぜなら次の☗5一竜がかなりの痛打だったからです。取れば☗7一銀から寄りそうですし、放置しても☗6一竜とされ、取っても放置してもやはり☗7一銀以下の攻めが厳しいです。

藤井先生は☖7六桂~☖3三角と王手竜をかけて竜を排除しようとしますが、合駒に☗5五桂と打たれます。その後は藤井先生がそのままズルズルと寄せられて勝敗が決しました。

囲いの堅さを過信しすぎるととんでもないことに成りかねないということを学んだ1局です。何事も過信は禁物ですね。それと同時に羽生先生の柔軟な構想が光った1局ともいえるでしょう。

BGMは適当にチョイスしました。