カテゴリー:谷川浩司の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:谷川浩司
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第183局 羽生善治 二冠 VS 谷川浩司 竜王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第183局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第183局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年12月02日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第4局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖谷川浩司 竜王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
神風
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 長手数の詰み筋を見逃さなかった羽生先生。

序盤、相矢倉なり、双方ともに守り重視の構えを見せました。

中盤、羽生先生が攻め、谷川先生が守るという展開になりますが、ところどころで谷川先生も反撃します。

途中の変化で谷川先生の☖6五桂に対し、羽生先生は銀桂交換を飲む代わりに角を急所に移動することに成功しました。以降角筋がよく利く展開に成りました。

終盤、谷川先生は羽生先生に迫りつつ急所の角を外すことに成功しますが、時すでに遅しで、羽生先生が長手数の詰み筋を読み切って勝利を収めました。

羽生先生の角筋を活かした攻めと終盤の長手数の詰み筋を読み切りは実に興味深かったと思います。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第181局 羽生善治 二冠 VS 谷川浩司 竜王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第181局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第181局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年11月10日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第2局千日手指し直し局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖谷川浩司 竜王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
キャワユイそなたとアリオリハベリイマソガリ
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 千日手も辞さない谷川先生の追い上げ

序盤、相矢倉なり、双方ともに守り重視の構えを見せました。

中盤、最初のうちは小競り合いが続きますが、47手目☗7五歩が指されると谷川先生は☖3七角成~☖4五桂と奇襲を放ち、そのままの勢いで攻勢にでました。

終盤、谷川先生は守備陣はほぼ無傷の状態で羽生先生の守備陣をほぼ壊滅状態にまで追い込みました。羽生先生は必死に粘って、反撃のチャンスを伺いました。

最終盤、羽生先生はついに反撃のチャンスを得ることに成功しますが、駒が足らなかったため谷川先生の玉を追い詰められず、やむなく投了を選択しました。

谷川先生の奇襲からの猛攻、それを耐えて反撃する羽生先生。大変見ごたえがある将棋だったと思います。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第179局 羽生善治 二冠 VS 谷川浩司 竜王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第179局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第179局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年10月20日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第1局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖谷川浩司 竜王
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Rise Up「紅」
終焉を告げるもの
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 谷川先生の光速の寄せが炸裂した終盤戦

序盤、相掛かりの展開になり、双方とも腰掛け銀を選択したため、戦型は相掛かり相腰掛銀となりました。

中盤、谷川先生が銀交換を持ちかけ、羽生先生もそれに応じます。その後、飛車先の歩を交換したり、4筋の歩を掠め取ったりとポイントを稼いでいきました。

その後、羽生先生は手練手管を駆使して谷川先生の守備陣に迫ろうとしますが、谷川先生に上手くあしらわれ徐々に谷川先生が有利になっていきました。

終盤、羽生先生は手練手管で飛車を取り除いて持ち直したかに見えましたが、ここで谷川先生の必殺技である「光速の寄せ」が発動し、33手詰み(正しい手順の場合)の即詰みに討ち取りました。正しい詰み手順は下記盤面を御覧ください。

羽生先生が持ち直したかといった瞬間の「光速の寄せ」発動は実に興味深くて面白い展開だったと思います。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第147局 羽生善治 竜王 VS 谷川浩司 二冠

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第147局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第147局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年11月15日
棋戦名
第3期竜王戦七番勝負第4局
対局者
☗羽生善治 竜王 ☖谷川浩司 二冠
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
追跡者 MusMus / watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の攻防における指し回し

序盤、角換わりの将棋になり、羽生先生は腰掛銀を目指し、谷川先生は棒銀を目指します。

中盤、谷川先生が☖7五歩から仕掛け、以下☗4五歩☖7六歩☗同銀☖3一玉☗7五歩と進み、羽生先生が4筋7筋の位を確保します。その後、☖7三銀☗4六角☖6四角☗5五銀☖同角☗同角☖6四銀☗4六角☖5五銀打☗同角☖同銀と進み角銀総交換が行われます。谷川先生の銀が手順で5五に進出できたのでこの流れは谷川先生が得したといえるでしょう。以降、谷川先生が飛車を4筋に振ったので4筋が主戦場となります。

終盤、谷川先生が調子よく攻めますが、羽生先生は谷川先生の攻めを適切にいなしたため、徐々に谷川先生の攻めも落ち着きを見せ羽生先生が反撃を開始します。その後も戦いが続くものの羽生先生じゃ徐々に優勢になり、最後は質駒だった歩(と金)を入手することで羽生先生が谷川先生の玉に詰めろをかけ谷川先生が投了しました。

203手という超手数の激闘だったのでこの対局は大熱戦だったといっても過言ではない将棋だったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus