Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ryvvpkld/public_html/shogi.rick-addison.com/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

カテゴリー:升田幸三の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:升田幸三
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第160局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第160局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第160局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1968年04月25日
棋戦名
第27期名人戦七番勝負第3局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
火龍狂演
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「玉頭攻めが炸裂」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 玉頭から一気に升田先生の守備陣を押しつぶす大山先生

序盤、升田先生がなかなか態度を決めなかったので、大山先生は柔軟な対応が取れるよう駒組みを進めました。結局の所、戦型は玉頭位取り VS 中飛車になりました。

中盤、最初のうちは盤面右側で小競り合いが起こりますが、大山先生は突如玉頭も戦線に加え戦線拡大を図りました。その作戦が功を奏し大山先生が有利になりました。

終盤、升田先生は大山先生の玉に迫ろうとするも、上手くかわされ攻防ともに見込みがなくなった升田先生は投了を選択しました。

升田先生のトリッキーな動きといい、大山先生の激しい玉頭攻めといい見ごたえある将棋だったと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第158局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第158局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第158局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1968年04月05日
棋戦名
第27期名人戦七番勝負第1局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「勝ち急がない強さ」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の攻めをしっかりと受け止めてから勝利する大山先生

序盤、升田先生は中飛車を選択し、大山先生は持久戦模様の構えを見せました。升田先生は5筋の歩を保留した状態で左銀を繰り出し7六の歩を狙いに行きました。

中盤、戦場は2~4筋に移り、飛車角交換が行われ、互いの香車を取り合いました。大山先生は2枚飛車で一気にせまると思いきや、1つの竜を自陣に引いて升田先生の攻めをいなしていきました。

終盤、升田先生の攻撃は完全にいなされ、大山先生が反撃し、大山先生が飛車金両取りの角を打つと升田先生は投了を選択しました。

大山先生流の攻撃のいなし方は実に興味深く参考になったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第156局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第156局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第156局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1966年05月30日
棋戦名
第25期名人戦七番勝負第5局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
居飛車力戦型
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
覇裟羅
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田の奇襲作戦失敗」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の奇襲作戦を打ち破って勝利する大山先生

序盤、升田先生は振り飛車模様の駒組みを見せました。対する大山先生は船囲いに囲いました。しかし、升田先生の狙いはそこにありました。

中盤、升田先生は左銀を☖7六銀としてからの居飛車にありました。升田先生の狙いを見抜いた大山先生は3筋を攻め立て乱戦模様になります。升田先生は大山先生の守備陣を突破しようとしますが大山先生はそれをしっかりと受け止めていきました。その結果、形勢は徐々に大山先生が優勢となっていきました。

終盤、升田先生は大山先生の玉に必死に迫ろうとしますが、大山先生に適切な対応をされ、それは叶わず升田先生はついに投了を選択しました。

升田先生の奇襲作戦は失敗に終わったものの、その作戦は実に興味深く、大変面白い将棋だったと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第154局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第154局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第154局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1966年05月07日
棋戦名
第25期名人戦七番勝負第3局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
火龍狂演
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「巧みな歩使い」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 大山先生の巧みな歩使いの数々

序盤、升田先生は振り飛車模様の指し回しを見せたので、大山先生は船囲いを目指しました。その後、升田先生は気が変わったのか左美濃を目指し、大山先生もそれに呼応した対応をしたため、結局相矢倉の将棋になりました。

中盤、後手番の升田先生が☖4六角~☖6四銀と仕掛け攻勢を見せます。大山先生は☗6五歩と銀を引っ張り込んで歩を入手してから銀を捕獲することを目指しますが、升田先生は☖5六銀の奇手で対抗しました。その後、1筋~4筋を中心に戦いが繰り広げられました。

終盤、大山先生が巧みな歩使いで升田先生の守備陣を翻弄し、升田先生の守備陣が崩壊しそのまま大山先生が勝利を収めました。

本局での大山先生の歩使いは参考になる部分が多く、ぜひとも見習いたいと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus