カテゴリー:藤井猛の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:藤井猛
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第064局 谷川浩司 九段 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第064局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2000年02月26日
棋戦名
第33回早指し将棋選手権 本戦トーナメント決勝
対局者
☗谷川浩司 九段☖藤井 猛 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
ババ~ン!とバトルだバンバトル!!シトラス・ガーデン
作曲:mozell 編曲:くふ
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 藤井先生の強かなる指し回し

戦型は☗持久戦模様VS☖四間飛車になりました。

中盤、主に6筋から右の部分で戦いが勃発します。谷川先生が藤井先生の8四の歩をパクっと拾ったり、藤井先生の左辺を食い破って角を標的に攻めたりする等、途中の変化で駒損するものの谷川先生が指しやすそうな雰囲気の展開が続きます、

終盤も谷川先生が調子よく指しているような局面が続きますが、122手目☖4三桂以降は雲行きが怪しくなってきます。127手目☗6三歩成に対し藤井先生は手抜いて☖5五桂と指します。谷川先生は再度と金を作るべく131手目☗6三歩と打ちますが、藤井先生は更に手抜いて☖6七銀から谷川先生の玉に殺到します。そのまま藤井先生が勝利を収めました。

相手の攻めの速度と自分の攻めの速度を計算し、手抜けるところは手抜く藤井先生の強かさが光った1局といえるでしょう。

BGMはシリーズの最後を締めくくるのに良さそうなものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第062局 富岡英作 七段 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第062局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2000年01月15日
棋戦名
第33回早指し将棋選手権 本戦トーナメント3回戦
対局者
☗富岡英作 七段☖藤井 猛 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
M-A-O ~More Aggressive Over~もぜコン2
作曲:mozell 編曲:九十九百太郎
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 敵玉が自角のラインに入った場合の角桂のコンビネーションの攻めの強力さ

戦型は☗居飛車穴熊模様VS☖藤井システムになりました。

序盤、富岡先生が居飛車穴熊に続く構えを見せたので、藤井先生は右四間飛車に振り直します。その後、富岡先生は角筋を避けるため☗7九玉とし、同時に7七の角の逃げ道も確保します。

中盤、角交換が成立し、再び玉の位置が8八になります。その後、藤井先生は即座に☖4四角と放ち、☗7七桂としてきたので☖同桂成☗同銀☖8五桂と進みます。その後、銀桂交換が成立し、4五の地点で桂馬を再度拾って☖8五桂と打ち、金桂交換が成立し、といった感じで藤井先生が順調に攻めていきます。

終盤、富岡先生ももう少しのところまで藤井先生の玉を追い詰めますが、藤井先生の攻めが僅かに速く藤井先生の勝利となりました。

敵の玉が自分の角のラインに入った場合の角桂のコンビネーションの攻めの強さをひしひしと実感させられた1局です。

BGMはアグレッシブな将棋だったのでそんな感じの曲をチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第060局 南芳一 九段 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第060局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1999年09月18日
棋戦名
第33回早指し将棋選手権 本戦トーナメント1回戦
対局者
☗南 芳一 九段☖藤井 猛 竜王
戦型
三間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
カザネビ -zephyrian grass-もぜコン
作曲:mozell 編曲:大臣
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 南先生の斬新な発想
  2. 藤井先生の堅実な指し回し

戦型は☗急戦VS☖三間飛車になりました。

18手目☗6六銀から戦いが始まります。その後、互い銀が暴れまわる大乱戦になります。

互いの銀による攻めを受け止めるべく、藤井先生は左金を上がって陣形を引き締めます。しかし、南先生も陣形が右辺に憂いがあったのか左金を上がります。藤井先生の陣形が引き締まったのに対し、南先生の陣形はまとめづらくなってしまいます。

その後は藤井先生が南先生の陣形を攻め立て、南先生がそれを受け止める展開になります。南先生も終盤で多少攻撃するチャンスを得ますが及ばず藤井先生が勝利を収めました。

たまには斬新な発想や柔軟な発想が生む変則的な将棋を見てみるのもいいかもしれません。決まりきった定跡系と違って興味深い部分が多々あり、かなり面白い将棋になることが多いです。

BGMは適当にチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第059局 羽生善治 四冠 VS 藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第059局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2001年11月29日
棋戦名
第14期竜王戦 七番勝負第5局
対局者
☗羽生善治 四冠☖藤井 猛 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
バトルオブマオもぜ楽4
mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の痛快な指し回し

戦型は☗急戦VS☖四間飛車になりました。

39手目☗4五歩から戦いが始まります。その後、中央から左辺を主戦場とした戦いが繰り広げられます。

45手目☗4四歩に対し、☖同角と取ります。その後、☗4五歩☖3六歩!☗4四歩☖3七歩成☗5四歩☖同歩☗5七銀☖8四桂☗5三角と進みます。☖3六歩は勢いといえば勢いの1手なのですが、駒損の上先攻を許したとなっては藤井先生が指しにくそうな局面になったことを踏まえると疑問に感じます。その後は羽生先生が二枚の馬を軸に藤井先生の守備陣を撹乱する展開になります。

藤井先生も羽生先生の守備陣のへの攻撃を試みますが、羽生先生の陣形はみるみる横からの攻めに強くなり、手をつけにくくなっていきます。その後、109手目☗3八香によって羽生先生の陣形がかなりの堅陣になったのをを見て藤井先生は投了を選択肢ました。

羽生先生の指し回しが光った、そんな1局だと思います。

BGMは適当にチョイスしました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus