カテゴリー:有吉道夫の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:有吉道夫
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第125局 羽生善治 四段 VS 有吉道夫 九段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第125局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第125局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1987年12月14日
棋戦名
第37回NHK杯将棋トーナメント本戦3回戦
対局者
☗羽生善治 四段 ☖有吉道夫 九段
戦型
相掛かり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
神風 煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の強かな指し回し

戦型は相掛かりの将棋になりました。

中盤、有吉先生が角道を開けると、3四の歩を狙って羽生先生は再び☗2四歩とします。☖同歩☗同飛に有吉先生は☖6五歩と飛車の横利きで受けたので、羽生先生はその歩を狙って☗2五飛とします。以下☖6三銀☗6五飛☖3三桂と進み羽生先生の飛車が窮屈な状態になりました。

羽生先生は☗3五歩から飛車を助けようとしますが、有吉先生は応じずに☖5四飛~☖1三角と5七の地点に戦力を集中してきます。羽生先生は8四の地点で飛車交換に成功しますが、再び☖5四飛とされ、☗6六角と一度は逃げるものの☖6五歩で今度は角がピンチになります。しかし、ここで羽生先生はうまい切り返しを用意していました。

☗3三角成で桂馬を入手して☖同銀に☗2五桂で角銀両取りに。☖3五角に対して☗4六桂が飛車に当てつつ角道を塞ぐ攻防手を放ちました。以降、羽生先生は銀を入手して飛車を打ち込み、そのままの勢いで勝利を収めました。

ピンチはチャンス!この言葉を見事に羽生先生が体現した素晴らしい1局だと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第102局 大山康晴 十五世名人 VS 有吉道夫 八段

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第102局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1978年05月22日
棋戦名
第17期十段戦挑戦者決定リーグ
対局者
☗大山康晴 十五世名人 ☖有吉道夫 八段
戦型
三間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
吹雪抱きしもの 龍的交響楽 / 藤村ほわん
RaO SHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく大山先生の受けの名局を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 大山先生の穴熊

戦型は☗三間飛車穴熊VS☖持久戦になりました。大山先生の穴熊破りは結構有名ですが、今回は大山先生が穴熊を採用しました。

穴熊といえば、自玉の堅さを理由に強気の指し回しをするのが一般的ですが、大山先生の場合は違いました。

やはり、相手の攻めをがっちりと受け止め、相手の攻めを切らせるいつものスタイルを貫き通します。その結果、穴熊の堅さ・遠さも相まって大山先生の穴熊はほぼ手付かずの状態で大山先生が勝利を収めました。

大山先生の穴熊は「鬼に金棒」の言葉がふさわしいと思った1局です。

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus