RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第051局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第051局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1956年01月19日
棋戦名 第5期王将戦七番勝負第4局
場所 東京都港区「比良野」
対局者 ▲大山康晴 名人
△升田幸三 王将
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「Fortune」 by Cyber Rainforce
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

この将棋は升田先生が念願の「名人に香車を引いて勝つ」を実現した歴史的将棋です。

香落ちは上手は左の香車がないため、左に囲うと香車がないぶん守りが弱くなりがちなので上手は必然的に振り飛車になります。そのことを除けばほぼ平手の感覚で指せるといってもいいでしょう。大山先生もほぼ平手の感覚で指していたそうです。

勝敗を分けたのは72手目▲2一とで、ここでは▲1七同桂△2七飛成▲2五桂△同竜▲2一と△2九竜▲1三飛成△4四銀なら本譜と似たような形になりますが、▲1九香には▲1三竜の紐がついているため▲1七香が不要になります。その結果、本譜と比べて1手得となり、また、▲1七香に変えて他の手を指すことができるようになるためまだまだわからない将棋になったかもしれません。

使用音楽については、升田先生が前人未到の快挙を成し遂げたので「Fortune」を採用しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第050局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第050局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1956年01月08日
棋戦名 第5期王将戦七番勝負第3局
場所 東京都港区「比良野」
対局者 ▲升田幸三 八段
△大山康晴 王将
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「Michikusa2」 by PeriTune
「Amenoshita2」
「Intimate Feelings」 by Cyber Rainforce
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

この将棋は升田先生が勝利すれば升田先生が王将を獲得し、かつ、升田先生念願の「名人に香車を引いて勝つ」の対局を行えるチャンスをつかめる将棋です。

41手目▲7五歩は升田先生らしい踏み込みですが無理筋で、「▲6八角と自陣を固めて十分だった」と升田先生。以降は大山先生が有利に進めます。

98手目△4八銀が敗着で、解説の畠山七段によると「△2九飛か単に△4九飛と打ち、▲5八金打なら△同竜▲同玉△4七金▲6七玉△7六銀▲6六玉△6五歩で勝ち。」とのこと。以降は升田先生が有利に進め、そのまま終局を迎えます。

一見勝ちに見えても実際は意外と難しく逆転することもあるのですね。だからこそ将棋は面白いのですけど。

使用音楽については、序中盤は初心に帰って「Michikusa2」、「Amenoshita2」を採用。終盤は大逆転劇が起こったのでで「Intimate Feelings」を採用しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第049局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第049局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1955年12月22日
棋戦名 第5期王将戦七番勝負第2局
場所 東京都港区「比良野」
対局者 ▲大山康晴 王将
△升田幸三 八段
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「Michikusa」 by PeriTune
「Amenoshita」
「Fortune」 by Cyber Rainforce
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

この将棋は升田先生の体調があまり芳しくない状態で行われつつもなんとか升田先生が勝利を収めた一局です。

49手目▲1六歩が封じ手で、その夜升田先生は下痢で8回もトイレに行くことになり一睡もできなかったそうです。

50手目△5四歩について升田先生はこう語っています。「△1四歩が自然だと思ったが、長い将棋になると体力に自信がないから思い切って仕掛けた。」と。

60手目△8四角のあたりで薬が効きだしたようで、升田先生曰く「薬が効きだして、体調が良くなったら緩んでしまった。△8六歩▲7五銀△8七歩成▲同金△7五歩▲7四歩△8六歩▲同金△8五歩▲8七金△6五銀とすればよかった。」

89手目▲7七歩はしぶとい手で、そのしぶとさ故かこの局面で升田先生が後ろに倒れ、注射を打って続行したそうです。

体調が悪い中で指し続け勝利を収めた升田先生の精神力に敬意を表するとともに、自分も苦難に当たった時はこうありたいと思いました。

使用音楽については、序中盤は初心に帰って「Michikusa」、「Amenoshita」を採用。終盤は升田先生の精神力の強靭さに敬意を表する意味で「Fortune」を採用しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第048局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第048局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1955年12月13日
棋戦名 第5期王将戦七番勝負第1局
場所 東京都港区「比良野」
対局者 ▲升田幸三 八段
△大山康晴 王将
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「Akatsuki Japan」 by SHW
「会心の一撃 ループ版」 by 回覧百貨箱
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

「大山VS升田 全局集」では139手中12手のピンポイント解説が載っています。

23手目▲3八角は現代では定跡となっている手ですが、この対局で出現した新手です。解説担当の畠山七段によれば、以下△4四歩▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△3三金▲2五飛△2四歩▲2八飛△2二飛で先手が面白くないというのが現代の結論だそうです。

畠山七段によれば、81手目▲5三桂成では▲3三歩△同桂▲同桂成なら先手勝ちだったようです。確かにその後△8八馬まで同じように進めば▲3二金△同玉▲4二金以下詰みそうな感じです。

113手目▲6三歩成は「たまには派手な手をやらんと腹の虫が収まらぬのでね」と盤側にそう話し掛けて升田八段は指したそうです。

使用音楽については、序盤はいい感じの和風の曲が見つかったので「Akatsuki Japan」を採用。後は升田先生の攻めが炸裂したので「会心の一撃 ループ版」を採用。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus