RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第008局 大島映二 六段 VS 丸山忠久 四段

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第008局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1991年06月04日
棋戦名 第32期王位戦リーグ紅組
対局者 ▲大島映二 六段
△丸山忠久 四段
戦型 矢倉
棋譜の出典 将棋DB2
使用した楽曲 「カザネビ ~Long Version~」 もぜ楽2/mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

最近「将棋 好プレー珍プレー集」(マイナビ出版)を購入し、面白い将棋を探していたところ、この将棋が目につきました。将棋DB2にも棋譜が掲載されていたので動画化しました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 60手目△1五歩以下守りの銀を棒銀の手筋で銀香交換後1筋突破
  2. 68手目△1六成香以下成香を自陣に引っ張って成香冠を完成
  3. 最終局面では後手陣(一段目~三段目)がスッカスカ

60手目以降の守りの銀を銀香交換にして裁くのはこの銀が邪魔になりそうなので理解できます。おそらく66手目△1七香成まではほぼ1本道といっても過言ではないでしょう。

しかし、68手目△1六成香はなぜこうしたのかが理解できません。69手目▲1四歩読んでいたのなら納得できなくもないですが、手の広い局面なので他にも選択肢があったような気がします。

70手目△1五成香は71手目▲1三歩成を催促するため、82手目△1四成香は1三の銀にプレッシャーを与えるため、90手目以降の△1一歩▲同成銀△1三成香は成銀にプレッシャーを与えるため、126手目△2三成香は飛車の活用を図るためと考えれば自然な活用です。

しかし、この流れは68手目△1六成香が指されなければ実現しません。偶然にも68手目△1六成香が指されたからこそ実現した面白い将棋といえるでしょう。

BGMには今まで使用しようと思っていて使用していない神曲っぽいものを選択しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第063局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第063局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1957年02月12日
棋戦名 第6期王将戦七番勝負第6局
対局者 ▲大山康晴 名人
△升田幸三 王将
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「Ikusa Japan 2」 SHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「48手で千日手が成立」です。

解説担当の北島七段も述べていますが、後手に楽しみがあり、先手がうまくない展開ではあるものの形勢を悲観して千日手に持ち込むほどの形勢ではなさそうなので、大山先生の体調不良等盤外で何かがあったのかもしれません。

使用音楽については、和風の壮大なBGMを選択しました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第007局 高橋道雄 六段 VS 花村元司 九段

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第007局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1985年03月19日
棋戦名 第11期棋王戦予選3回戦
対局者 ▲高橋道雄 六段
△花村元司 九段
戦型 矢倉
棋譜の出典 将棋DB2
使用した楽曲 「ババ~ン!とバトルだバンバトル!!」 シトラス・ガーデン/作曲:もぜくふ
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

この将棋の動画化のリクエストを頂いたので投稿しました。

相矢倉先手棒銀の展開で銀交換をしたあとに放った56手目△1七銀が鬼手で、その駒を拠点に陣地を整備し入玉模様にし、花村九段が勝利を収めた将棋です。

56手目△1七銀を▲同香と取ると△4五歩が角香両取りでなおかつ、次に香を取った手が飛車にも当たり後手が楽しい展開になります。なので▲2九飛と先に当たりをかわし次に銀取りを見せますが、△2六銀成がさらなる鬼手で▲同飛と取れば△4五歩が飛角両取りになります。以降その成銀を拠点に上部に陣地を構築し、入玉模様にして勝利を収めました。花村九段の奇抜な構想が功を奏したというべき面白い将棋だと思います。

BGMは花村九段の最後の対局とのことなので「ババ~ン!とバトルだバンバトル!!」を採用しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第062局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第062局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1957年02月08日
棋戦名 第7期九段戦準決勝三番勝負第3局
対局者 ▲升田幸三 王将
△大山康晴 名人
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「Akatsuki Japan」 SHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「升田が決勝に進出」です。

解説の北島七段によれば68手目△6一飛が疑問手で、△5三銀▲7九玉△3四歩▲2六角△5五角と指していればバランスがとれていたそうです。本譜は69手目▲4四歩以降先手の攻め駒が楽になりその後升田先生が優位を拡大して勝利を収めました。

119手目▲6六香以降の鮮やかな攻めには感動を覚えざるをえませんでした。

使用音楽については、和風の壮大なBGMを選択しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus