RICK式将棋のブログ

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

記事一覧

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第068局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第068局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1957年06月04日
棋戦名
第16期名人戦 七番勝負第3局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 二冠
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
「幕末舞曲 ~ 花ノ乱」甘茶の音楽工房
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「升田の大局観が光る一局」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の駒損覚悟の猛攻

序盤は大山先生が升田先生の駒を牽制しつつ押さえ込みを図りますが、中盤で升田先生が駒損覚悟の捨て身の猛攻を仕掛け優位に立ちます。

83手目☗2五歩に対し、銀を逃げずに☖3六歩と取り込みます。その後、☗2四歩☖同角と進み、升田先生の角が大山先生の玉を睨む好位置に配置されます。

その後、大山先生も頑張りますが升田先生が好手を連発したり、飛角銀桂を活用した流れるような攻めの前にダウンしてしまいました。

駒損しても攻めやすい形を作りさえすれば戦えなくもない。そういう大局観は見習いたいものです。

使用音楽については、適当に和風のBGMを選択しました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第015局 羽生善治 五段 VS 大山康晴 十五世名人

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第015局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年08月25日
棋戦名
第2期竜王戦 本戦トーナメント準決勝
対局者
☗羽生善治 五段☖大山康晴 十五世名人
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
「バトル・オブ・マオ」もぜ楽4 / mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

羽生先生が初めて竜王位を獲得した第2期竜王戦で大山先生と対局していて、内容も興味深いものだったので動画化し投稿しました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の中盤の猛攻
  2. 終盤の攻防

52手目☖4五桂と桂馬を跳ねて戦端が開かれます。その後☗同銀☖同銀☗2四歩☖5五歩☗2三歩成と進みます。☗2四歩には一旦☖同歩と応じたくなりますが☗同飛の局面は先手が指しやすそうな感じに思えるので仕方がなかったのかもしれません。

続いて☖3四飛☗5五角☖2六歩(☗同飛と取れば☖3六歩が飛車取りになる)☗9五歩☖3六歩☗9四歩☖9二歩と進みます。このあたりは正直不思議な感じがしました。ただし、後手陣には桂馬を使って端を破る攻め筋があるので仕方がないし、先手陣も後手の攻めに対し急いで備える状態でもなかったので妥当かもしれません。

その後☗4八飛☖5四銀打☗1三と☖5五銀☗4五飛☖4四銀☗2五飛☖3七歩成☗2一飛成と進みます。角を見捨てて銀香と交換し竜を作る。羽生先生の華麗な攻めが炸裂しました。

終盤は羽生先生が攻め、大山先生が受けるという展開になりました。大山先生は必死の抵抗を試みますが最後の最後で失着を指し羽生先生の勝利に終わりました。個人的には76手目☖3九飛成では☖3八飛成と指して見たい気がします。☗4八金☖2九竜と進めば桂を入手でき終盤でまだ粘るための駒として使えたのではないかと思うからです。

使用したBGMは適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第014局 佐藤康光 五段 VS 羽生善治 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第014局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年11月13日
棋戦名
第12回オールスター勝ち抜き戦
対局者
☗佐藤康光 五段☖羽生善治 竜王
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
「アグナモニタ -202-」もぜコン2 / mozell & S.S.H.
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

「将棋 好プレー珍プレー集」(マイナビ出版)で面白そうな将棋を探していたところ、この将棋が目につきました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 中盤の見応えある応酬
  2. 最終盤での詰み手順

62手目☖6三銀の局面。一目角を逃げたくなりますが、佐藤先生は☗7三歩成。一旦は☖同桂と応じたくなりますが、羽生先生は☖6四銀と角を取ります。そして佐藤先生は☗8三と。飛角両取りがかかります。対して羽生先生は☖7六歩☗同銀に☖9五角!角を見逃せば次に☖5九角成と馬を作られるので☗同香と角の方を取りたくなるのですが、佐藤先生は角を放置し飛車を取る☗9二と。当然羽生先生は☖5九角成。その後も見応えある応酬が続きます。

84手目に指された☖2二角。これは83手目☗2一飛成の王手を防いだものですが、後にこの角がじわじわと攻めに効いてきます。現状では5筋・6筋・7筋に障害物がありますが、これらを92手目☖5六歩以降の手順で排除していき、角を活かして佐藤先生の玉を追い詰めていきます。

そして、局面は最終盤の122手目☖1三玉の局面。何かあれば佐藤先生の玉が詰みそうな局面です。佐藤先生はそこで1分将棋にもかかわらず45手の長手数の詰み筋を発見しそのまま勝利を収めました。

当たっている角をただで取られる位置に移動したり、合駒で使用した角がいつの間にか攻めに参加していたり、最終盤で1分将棋にもかかわらず長手数の詰み筋を発見しそのまま勝利したり、予想しなかったことが次々と起こった、大変興味深い将棋だと思いました。

使用したBGMについては簡単に察することができると思いますが、ある意味察し逃れの意味もあります。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第067局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第067局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1957年05月21日
棋戦名
第16期名人戦 七番勝負第2局
対局者
☗升田幸三 二冠☖大山康晴 名人
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
「Tough Battle」FREEDOM HOUSE 2nd
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「大山、攻め駒を奇麗にさばく」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 序盤の細かい応酬
  2. 中盤以降の大山先生の華麗な攻め

序盤戦、升田先生の駒がいったり来たりしますが、大山先生が狙った強烈な攻めを回避する意味があります。特に51手目☗7九玉は☖7五歩☗同歩☖同角☗7六歩☖9七角成と強襲する変化を未然に躱した手です。

中盤戦、互いに角を交換し、升田先生が馬を作って局面が一旦落ち着き、大山先生の反撃が始まります。84手目☖6三桂と8七の金を目標にし、桂馬を使わせて(放置すると☖7五桂☗7七金☖7六歩☗同金☖4九角の飛車金両取り)、92手目☖8三角で升田先生の馬を消し(馬を逃げると☖5六歩の取り込みが厳しい)、飛銀桂で華麗に攻めそのまま勝利を収めます。

63手目☗8七金は棒銀に対して銀を取り切る変化でよく見る形ですが、陣形がバラバラになるので自分からは指しにくい手です。実際、陣形がバラバラになってそのまま敗北してしまいました。しかし、「新手一生」を掲げる升田先生なので、試してみたかったのではないかと思います。常識に囚われず常に新しいことを試す姿勢はは私も見習っていきたいと思いました。

使用音楽については、適当に戦闘曲のBGMを選択しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus