この記事は約 2 分で読めます ( 約 1085 文字 )

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第164局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第164局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1969年10月11日
棋戦名
第8期十段戦挑戦者決定リーグ
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
陽動振り飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
知恵と知謀の探求者
RaO
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「剣が峰で耐える」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 一石二鳥の守りの好手で升田先生の攻撃を凌いだ大山先生

序盤、升田先生がなかなか態度を決めなかったため変則的な出だしとなりました。その後、升田先生が陽動振り飛車+銀冠を目指したため、大山先生は持久戦を目指しました。

中盤、升田先生が突如急戦を目指したため、2筋~6筋あたりで戦いが勃発し、徐々に升田先生が有利になっていきました。

終盤、大山先生の玉がかなりピンチになりますが、途中升田先生が攻撃の手を誤り、大山先生の☗5六馬によって升田先生の攻めが切れ、大山先生が逆転しそのまま勝利を収めました。

序盤・中盤のねじり合いや終盤の大山先生の絶好手からの逆転はなかなか興味深い将棋だったと思いました。

使用音楽については、序盤・中盤は升田先生が工夫を凝らした将棋で優位に立ったのでふさわしそうなBGMを、終盤は大山先生が逆転したので大山のテーマを選出しました。