この記事は約 2 分で読めます ( 約 784 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第084局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年03月28日
棋戦名
第7期王将戦 七番勝負第7局
対局者
☗大山康晴 前名人☖升田幸三 王将
戦型
矢倉
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
MONONOFU龍的交響楽
藤村ほわん
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、ついに王将位を奪還」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の大胆な指し回し

序盤、矢倉模様になりますが、升田先生の大胆な指し回しによって力戦模様になります。中盤、中央を中心に激しい戦いが繰り広げられます。

61手目☗6五銀が指された局面、このままおとなしくしていれば次に☗4六歩とされ銀を殺されるばかりかこのまま飛角を抑え込まれ一方的な展開に成ってしまいます。それを許すわけにはいかないので升田先生は☖4ニ金と非常手段に出ます。その後は大山先生の攻め、升田先生の守りという展開になります。

84手目☖6三金はチャンスを逃した手でここでは☖7三金が正着でした。☖7三金なら93手目☗7ニ銀が成立しなくなるのでまだまだ難しい将棋が続きました。

92手目☖8ニ歩は失着で、☖9四玉が正着だったようです。以下☗7七桂☖8三歩でまだまだ難解な将棋が続きました。本譜は手順に6三の金を取られたのがかなり痛いです。

最後は升田先生が失着を指して敗れはしたものの、激しい展開でなおかつ手に汗握る内容の将棋だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。