この記事は約 2 分で読めます ( 約 633 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第060局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時1957年01月29日
棋戦名第6期王将戦七番勝負第5局
対局者▲升田幸三 王将
△大山康晴 名人
戦型矢倉
棋譜の出典「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲「Enishi Japan」SHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「升田、大胆な金上がりで3勝目」です。升田先生が桂馬を活用して敵の右辺を食い破った将棋です。

題は63手目▲6六金、67手目▲6六金上を指したものですが、解説では67手目▲6六金上を指していて「上部を厚くする意味だが何とも大胆な手。」と書かれています。

85手目▲7八玉は馬の再突入を牽制した落ち着いた受けの攻守で多少のポイントを稼ぎます。

122手目△6二飛はチャンス逃した手で、△5七金▲5四歩△同金▲9二馬△6七金▲同玉△9二香▲6二飛△4二金と進めば後手に分のある終盤戦になっていたようです。

140手目△5七歩成が敗着で、△3三馬▲5五桂△5七銀なら激しい展開の終盤戦になっていたようです。です。

使用音楽については、和風の壮大なBGMを選択しました。