この記事は約 2 分で読めます ( 約 617 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第020局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時1952年05月02日
棋戦名第11期名人戦挑戦者決定戦第2局
場所不明
対局者▲升田幸三 八段
△大山康晴 九段
戦型角換わり
棋譜の出典「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
動画の投稿先

動画

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

「大山VS升田 全局集」では98手中27手のピンポイント解説が載っています。

升田先生が新構想の攻めを披露したものの、大山先生がしっかりと升田先生の攻めを受け止め、大山先生が勝利を収めた一局です。

67手目▲5三桂成では先に▲3三歩と打っておけば升田先生が勝ちやすくなり、また、75手目▲5四銀では▲7九玉と指しておけばまだまだ難解な将棋が将棋が続いたことでしょう。

使用音楽については、温めておいた構想を披露する意味で「Freezing Edge」→「Into The Flame」を採用。最後は大山先生がうまく弾き返したのを受けて「破邪滅殺」を採用しました。