この記事は約 2 分で読めます ( 約 883 文字 )

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第185局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第185局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年12月24日
棋戦名
第5期竜王戦七番勝負第6局
対局者
☗羽生善治 二冠☖谷川浩司 竜王
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
裏桜華
知恵と知謀の探求者
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 光速の寄せで羽生先生の玉を一気に仕留めた谷川先生

序盤、矢倉の将棋になり、双方とも玉が囲いに入場しました。

中盤、谷川先生が先に攻め、手に乗って馬を作り、駒得を拡大していきます。その後、谷川先生が主導権を握る展開になります。

終盤、羽生先生も攻撃しようとしますが、谷川先生はそれを手抜いて羽生先生の守備陣に殺到し、そのまま勝利を収めました。

谷川先生の光速の寄せは大変興味深かったと思います。