この記事は約 2 分で読めます ( 約 806 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第069局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2016年01月12日
棋戦名
floodgate-600-10
対局者
☗nanopery☖Azul
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
夏をかける列車シトラス・ガーデン
くふ
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

下記対局の30手目指了時の同一局面を探してみたところこの対局がヒットしたので選出しました。

  1. 第39期王位戦予選4回戦
  2. 第40期王位戦予選3回戦
  3. 第33回早指し将棋選手権準決勝
  4. 第60期C級1組順位戦5回戦
  5. 第14期竜王戦七番勝負第4局
  6. 第58回学生名人戦3回戦

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 30手目以降の攻防

今回はAI同士の将棋を見ていきます。これまでの展開は下記のものがあります。カッコ内の丸数字は少し上の部分の丸数字と同じものです。

  1. 先手が後手の飛車先交換&角交換を許して☖7九銀と打たれる展開(①・③・④)
  2. 先手が後手の飛車先交換&角交換を許すが☖7九銀を許さない展開(⑤)
  3. 先手が後手の飛車先交換&角交換を許さない展開(②・⑥)

さて、AIはどの展開を選んだのでしょうか?

正解はどれも選びませんでした。nanoperyは41手目から☗3五歩☖同歩☗5六銀と変化したからです。以下、☖5四歩☗3四歩☖同金☗5四銀☖同銀☗4三歩成☖3三銀☗4ニとと進み、先手は角銀交換の駒得になったものの、後手の守備が堅陣と化してしまったのでこの変化はちょっと失敗かなというのが感想です。

やはり、攻めは駒得よりも迫力と速度が重要だと実感した1局です。次回もAIの将棋を取り上げます。

BGMは適当なものををチョイスしました。