将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第063局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2000年01月29日
棋戦名
第33回早指し将棋選手権 本戦トーナメント準決勝
対局者
☗藤井 猛 竜王☖羽生善治 四冠
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Planetarium Guardianもぜコン2
作曲:mozell 編曲:martin
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 藤井先生の華麗なる玉頭攻め

戦型は第14期竜王戦七番勝負第4局と同じく☗藤井システムVS☖居飛車穴熊模様になりました。

48手目までは第14期竜王戦七番勝負第4局と同じ展開になります。第14期竜王戦七番勝負第4局では49手目に☗8五歩☖同飛☗8八銀と変化しますが、本局では☗8六同角と取ります。その後、☖同飛☗8八歩☖7九銀と進みます。

第14期竜王戦七番勝負第4局ではこの☖7九銀の変化を嫌ってこのように指したようですが、結果的には羽生先生が勝利を収めています。

本局では、飛銀交換にはなったものの、桂をわざと取らせる事によりできた2四の空間に銀を打ち込んで、玉を下段に落としたりする等玉頭から殺到します。

終盤、羽生先生も藤井先生の玉を後少しのところまで追い詰めるものの、藤井先生の攻めがわずかに速かったため、藤井先生が勝利を収めました。

BGMは「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第058局」と同じ組み合わせ、同じ展開だったので、「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第058局」で使用した曲のアレンジ版をチョイスしました。