この記事は約 2 分で読めます ( 約 756 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第059局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
2001年11月29日
棋戦名
第14期竜王戦 七番勝負第5局
対局者
☗羽生善治 四冠☖藤井 猛 竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
バトルオブマオもぜ楽4
mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の痛快な指し回し

戦型は☗急戦VS☖四間飛車になりました。

39手目☗4五歩から戦いが始まります。その後、中央から左辺を主戦場とした戦いが繰り広げられます。

45手目☗4四歩に対し、☖同角と取ります。その後、☗4五歩☖3六歩!☗4四歩☖3七歩成☗5四歩☖同歩☗5七銀☖8四桂☗5三角と進みます。☖3六歩は勢いといえば勢いの1手なのですが、駒損の上先攻を許したとなっては藤井先生が指しにくそうな局面になったことを踏まえると疑問に感じます。その後は羽生先生が二枚の馬を軸に藤井先生の守備陣を撹乱する展開になります。

藤井先生も羽生先生の守備陣のへの攻撃を試みますが、羽生先生の陣形はみるみる横からの攻めに強くなり、手をつけにくくなっていきます。その後、109手目☗3八香によって羽生先生の陣形がかなりの堅陣になったのをを見て藤井先生は投了を選択肢ました。

羽生先生の指し回しが光った、そんな1局だと思います。

BGMは適当にチョイスしました。