この記事は約 2 分で読めます ( 約 724 文字 )

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第038局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1999年11月25日
棋戦名
第12期竜王戦 七番勝負第5局
対局者
☗鈴木大介 六段 ☖藤井 猛 竜王
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
覇道 MusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 激しい攻防戦

戦型は☗中飛車VS☖居玉急戦になりました。

序盤、6手目☖8五歩が指された局面。飛車先を受けるため、☗7八金としたくなりますが、すぐに☖8六歩とすると角交換からの飛銀両取りの変化があるため☗5八飛~☗5五歩と保留しました。☗5五歩を見て藤井竜王は☖8六歩と突きますが、☗5四歩☖同歩☗2二角成以下飛銀両取りが掛かり以降激しい将棋になります。

鈴木六段は中央突破を目指しますが、藤井先生は中央に金銀を寄せて凌ぎます。一方、藤井先生は左翼を突破し、先手玉を横から攻める態勢を着々と構築していきます。

その後、鈴木六段は攻撃手段に乏しくなり、藤井竜王のも攻撃態勢を着々と整えていっていたため、やむなく投了を選択しました。

飛銀両取りに変化は避けたくなりますが、場合によっては有効ということを学んだ1局で、激しい展開でハラハラした1局でもありました。

BGMは適当にチョイスしました。