Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ryvvpkld/public_html/shogi.rick-addison.com/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

カテゴリー:矢倉の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:矢倉
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第058局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第058局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1957年01月18日
棋戦名 第6期王将戦七番勝負第4局
場所 東京都港区「桜花」
対局者 ▲大山康晴 名人
△升田幸三 王将
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「覇裟羅 -Basara-」 by 煉獄庭園
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「積極的に攻めてタイに戻す」です。大山先生が積極的に攻めて勝利を収めた将棋です。

中盤までは互角の将棋が続きますが、54手目△5三金、78手目△3六馬と升田先生が受け間違えて一方的な展開になってしまいました。

54手目△5三金では△3一角として▲同角成△同金▲6四角△5三飛▲同角成△同金▲5四歩△6三金▲6一飛△5一銀▲6三飛成△4七角と進めば十分戦える将棋だったと升田先生は振り返っています。

78手目△3六馬は馬を角と勘違いしたことで発生したようです。升田先生も「当然△同馬の一手だった。6三の馬が角だと勘違いした。これで一遍に悪くなってしまった。」と振り返っています。

大山先生は居飛車対振り飛車の受けのイメージが強いですが当時は相居飛車の積極的な攻め将棋が多かったようです。

使用音楽については、和風の戦闘曲っぽいBGMから適当なものを選択しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第057局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第057局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1957年01月09日
棋戦名 第6期王将戦七番勝負第3局
場所 和歌山県白浜市「古賀乃井旅館」
対局者 ▲升田幸三 王将
△大山康晴 名人
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「臨界 -Rinkai-」 by 煉獄庭園
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「強気の指し回しでカド番しのぐ」です。大山先生が無理気味の仕掛けから強く指し回し勝利を収めた将棋です。

本局では45手目▲5六金以降金が敵陣目指して突撃していったり、56手目△5四金で大山先生が升田先生のお株を奪う等見応えある応酬が続きます。

97手目▲5六同飛では、先に▲5三角成△同飛としてから▲5六飛とすればまだまだ見ごたえのある応酬が続いたことでしょう。本譜では、100手目△6五銀以降一方的な展開となってしまいました。

普段は守りの要であるはずの金将が自ら敵陣目指して突撃する展開は興味深いものだったと思います。

使用音楽については、和風の戦闘曲っぽいBGMから適当なものを選択しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第056局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第056局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1956年12月25日
棋戦名 第6期王将戦七番勝負第2局
場所 静岡県熱海市「園枝苑」
対局者 ▲大山康晴 名人
△升田幸三 王将
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「神風 -KamiKaze-」 by 煉獄庭園
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集での今回の将棋のタイトルは「白刃一閃」です。升田先生が88手目△7七歩に対し「白刃一閃の一手」と発言したことからつけられたようです。

個人的には49手目▲6八金が疑問手に移りますが、過去の棋譜をから推察するとおそらく7八玉型に構えて現在でいう「Bonanza囲い」を目指したのかもしれません。

受け将棋で有名な大山先生ですが、意外にも受け一方になる将棋は嫌いだったようで、その一面が57手目▲8七金にあらわれています。

76手目△7二角以降升田先生が馬を作ってその後は一方的な将棋となってしまいました。

使用音楽については、和風の戦闘曲っぽいBGMから適当なものを選択しました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第055局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第055局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 1956年12月12日
棋戦名 第6期王将戦七番勝負第1局 千日手指し直し局
場所 東京都港区「桜花」
対局者 ▲升田幸三 王将
△大山康晴 名人
戦型 矢倉
棋譜の出典 「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲 「裏桜華-CODE:桜樺-」 by 煉獄庭園
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

この将棋は大山先生が升田先生の歩切れを突いて香車で飛車を封印するものの、自らその封印を解いて敗北した将棋です。

96手目△2六香が痛恨の一着で、以降升田先生の飛車が大いに働いて升田先生が勝利を収めました。

次に▲2五歩で香車が取られますが、それでも飛車を活かすまでに時間がかかる(▲2四歩と▲1四桂の2手が必要)ため、その間に何かいい手があればさらに面白くなっていたのかもしれません。

使用音楽については、適当なものを選択しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus