カテゴリー:矢倉の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:矢倉
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第097局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年12月17日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第5局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 王将
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
剣交わる時BRIGHTNESS++ / YUKO
RaOSHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、受けの本領発揮」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 粘りに粘って逆転勝利を果たす大山先生

序盤、相矢倉模様の展開を見せますが、升田先生が3筋の歩を切って☗3七桂と桂馬を跳ねたのに対し、大山先生は☖3五歩から3筋の位を確保したため変則的な展開になりました。

中盤、升田先生が豪腕の攻めを見せ、徐々に大山先生の玉を追い詰めていきます。大山先生の玉はピンチになりました。

終盤、升田先生は大山先生の玉を追い詰めにかかりますが、大山先生はギリギリ凌ぐことに成功し、そこから反撃を開始して勝利を収めました。

劣勢になっても諦めずに粘って勝つ。大山先生の全盛期の始まりを見た1局といえるでしょう。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第095局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第095局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第095局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年11月28日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第3局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 王将
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
軌跡おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「堅実な手で大山快勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 堅実に指し回し升田先生の攻めを封じる大山先生

戦型は矢倉模様になりますが、途中でお互いが攻撃態勢を築いたため急戦模様になりました。

中盤、大山先生が堅実に指し回し、升田先生の攻め筋を1つ1つ潰していき升田先生は守勢に回らざるを得なくなります。

その後、升田先生は大山先生の飛角を抑え込むことに成功するものの、大山先生はその間に1筋でポイントを稼ぎ、なおかつ升田先生の角がかなりの負担になっているため大山先生が有利に進めます。

終盤、升田先生は玉砕覚悟の攻めを敢行しますが、届かず、大山先生の的確な反撃に遭い升田先生は投了を選択しました。

大山先生の升田先生に何もさせない堅実な指し回しが功を奏した1局といえるでしょう。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局 福崎文吾 七段 VS 羽生善治 五段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第112局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年10月03日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦2回戦
対局者
☗福崎文吾 七段☖羽生善治 五段
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
切羽おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. ギリギリの勝利を収めた羽生先生

戦型は相矢倉になりました。がっぷり4つの相矢倉になりました。

中盤、羽生先生が☖4五歩としたところから勝負が始まりました。以下☗3七銀☖4六歩☗同角☖同角☗同銀☖4七角と進み羽生先生が攻勢に出ます。

55手目☗4八銀で羽生先生は馬を捕獲されますが、それでも☖6八馬以下馬を切り捨てたあと8筋から攻撃を仕掛け攻撃の手を緩めません。

しかし、福崎先生も隙を見て馬をつくり、馬の利きを活かして羽生先生の飛車を封じ込めることで羽生先生の攻撃力を低下させることに成功します。その効果で羽生先生の攻めが緩み、福崎先生が反撃に出ます。

終盤では互いに相手の玉を追い詰める展開になり、1手違いのギリギリで羽生先生が勝利を収めました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第105局と同じく、片方の寄せが単純でわかりやすい状況の中で複雑でわかりにくい方がかつという展開はなかなか興味深いものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第091局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第091局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年07月08日
棋戦名
第17期名人戦七番勝負第7局
対局者
☗大山康晴 王将☖升田幸三 名人
戦型
矢倉
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
神風煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「熱戦制し升田が防衛」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 耐え忍んで逆転する大山先生

序盤、矢倉模様になりますが、升田先生が積極的に動いたりする等で変則的な展開になります。

中盤、升田先生は大山先生の守備陣を乱したり、大山先生の仕掛けを牽制したりする等有利に勧めます。大山先生は升田先生の攻めを耐え忍ぶ展開になります。

終盤、一時的に升田先生の攻めが途切れたのでその隙に大山先生が猛攻を仕掛け、巻き返しを図ります。升田先生の玉を裸にすることに成功するも、大山先生の攻めが途切れ、その隙升田先生が攻めの1手を放ち、その手が決め手となり升田先生が勝利を収めました。これで升田先生が名人の防衛を果たしたことになります。

升田先生の積極的な指し回し、大山先生の耐え忍んでからの猛攻。実にハラハラ・ドキドキした将棋だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus