カテゴリー:ひねり飛車の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:ひねり飛車
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第116局 羽生善治 五段 VS 中原誠 王座

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第116局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第116局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年02月20日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦決勝
対局者
☗羽生善治 五段☖中原 誠 王座
戦型
横歩取り
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Vanguardバンバーズ / mozell & hiyama
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の豪快な指し回し

序盤は相掛かり模様になります。羽生先生が縦歩取りから模様ひねり飛車を選択したため戦型はひねり飛車となりました。

中盤、羽生先生は飛車角をぶった切って金銀を交換し、桂馬と2枚のと金と入手した金銀をフル活用して中原先生の玉を追って行きます。かなり細い攻めなのでいつ切れるかわからない攻めなのですが、高等テクニック等を絡めて中原先生の玉を端まで追い詰めつつ、ついには詰めろが掛かるところまで追い詰めてしまいました。

中原先生も反撃を試みますが時すでに遅しと言う感じで羽生先生が勝利を収めました。

羽生先生の豪快ともいえるな指し回しが目を引く1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第020局 森内俊之 六段 VS 羽生善治 棋王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第020局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年09月19日
棋戦名
第42期王将戦 挑戦者決定リーグ1回戦
対局者
☗森内俊之 六段☖羽生善治 棋王
戦型
1局目矢倉
2局目ひねり飛車
3局目居飛車力戦型
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Strigiformes MusMus / Watson
Old Gold
ハクギン
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

1局目2局目3局目

形勢グラフ

1局目2局目3局目
形勢グラフ
形勢グラフ
形勢グラフ

雑記・感想

「将棋 好プレー珍プレー集」(マイナビ出版)で面白そうな将棋を探していたところ、この将棋が目につきました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 千日手を辞さない森内先生の執念とそれに対する羽生先生の指し回し

1局目、81手目☗8六銀が指された局面。羽生先生は☖9五銀とその銀に銀を絡めます。以下☗8七銀打☖8六銀☗同銀☖9五銀・・・。20時52分千日手成立。

2局目、80手目☖4二同金が指された局面。羽生先生は☗4三金とその金に金を絡めます。以下☖3二金打☗4二金☖同金☗4三金・・・。0時19分千日手成立。

3局目。歩桂香を中心に金銀を絡めないよう攻めた羽生先生が勝利を収めました。終局は3時40分。

実はその前年、2局連続で終盤の千日手を挟んで勝利する離れ業を見せたとか、その将棋の観戦記者に対する年賀状の一文には「僕の対局は長いので要注意です」と書かれていたそうです。森内先生の勝利に対する周年は凄まじいものだったようです。

BGMは適当に気に入ったものを3局チョイスし採用しました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第016局 中原誠 棋聖 VS 谷川浩司 名人

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第016局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年05月08日
棋戦名
第48期名人戦 七番勝負第3局
対局者
☗中原 誠 棋聖☖谷川浩司 名人
戦型
ひねり飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
「火龍狂演」煉獄庭園
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

「将棋 好プレー珍プレー集」(マイナビ出版)で面白そうな将棋を探していたところ、この将棋が目につきました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 中原先生の桂使い

74手目☖2六桂が指された局面。後手が指しやすそうな局面ですが、ここで中原先生は誰もが予想しない1手を放ちます。☗7六桂!!この手の狙いはこの桂馬を成り込ませ、敵陣で活用し、上部開拓をし、入玉を目指すものでした。当時の谷川先生は入玉模様の展開を苦手としていて、そこに付け込もうという一種の盤外戦術のようなものでもありました。その後、谷川先生は入玉を意識しすぎたためか逆転を許してしまいました。終局後「必要以上に入玉を恐れたのではないか?」と問われた谷川先生は「それが私の悪い癖です」と正直な反応を見せたそうです。

将棋は盤上の格闘技とも言われますが、盤上のみならず盤外に潜むドラマに目を向けるのも面白いかもしれませんね。実に興味深い逆転劇でした。

使用したBGMは適当に選びました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus