カテゴリー:三間飛車の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:三間飛車
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第167局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第167局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第167局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1971年04月30日
棋戦名
第30期名人戦七番勝負第3局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
三間飛車(升田式石田流)
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
おてなみはいけん
知恵と知謀の探求者
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集では「新手一生の精神」というタイトルで、升田先生の自戦記が掲載されています。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 成らずの銀を大活躍させて勝利を収めた升田先生

序盤、升田先生は今で言う「升田式石田流」に組み、大山先生はそれに対し今回は積極的な対応をしました。

中盤、升田先生は、☖5三角と角を打ち大山先生を翻弄しようとしますが、大山先生は冷静に対応しました。その後、升田先生は銀とと金による攻めに切り替えました。その後、升田先生はその銀を成らずの状態で大活躍させ、かの有名な☖3五銀につなげました。

終盤、お互い互いの玉に迫っていきますが、升田先生の攻撃のほうが早く、升田先生が勝利を収めました。

銀を成らずで大活躍させ☖3五銀で華々しく散らせた升田先生の指し回しは実に興味深かったと思います。

使用音楽については、適当にチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第166局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第166局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第166局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1971年04月20日
棋戦名
第30期名人戦七番勝負第2局
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 名人
戦型
三間飛車(升田式石田流)
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
知恵と知謀の探求者
バトル参
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田式石田流、誕生局」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 新戦法「升田式石田流」で乱戦を経つつも勝利を収めた升田先生

序盤、升田先生は今で言う「升田式石田流」に組み、大山先生は手探りながらも無難な対応をしました。

中盤、升田先生は☗9六角、大山先生は☖5四角と角を打ち合い、その後乱戦模様になりました。終盤まで攻めたり守ったりの応酬が続きますが徐々に升田先生が有利になっていきました。

終盤、升田先生は千日手模様になりつつも着実に大山先生の玉に迫っていき、そのまま勝利を収めました。

今でこそ定跡の1つとして数えられる「升田式石田流」ですが、当時は手探りの応酬になったのでとても興味深い1局といえるでしょう。

使用音楽については、使いたかった曲が2曲あったのでそれをチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第162局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第162局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第162局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1968年11月08日
棋戦名
第13期棋聖戦本戦準決勝
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 名人
戦型
三間飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
山嵐
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「逆転を呼び込む粘り」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の無理仕掛けを咎めた挙げ句非常な指し回しを見せる大山先生

序盤、升田先生は三間飛車を選択し、大山先生は升田先生の形を咎めるべく急戦棒銀を仕掛けました。その後、升田先生が6筋、大山先生が7・8筋の位を確保しました。その後、互いに意表の角を打ち合い、再び駒組みを再開しました。ました。

中盤、大山先生は飛車交換から猛攻を仕掛けますが、升田先生は最初のうちは丁寧に対応し、徐々に升田先生が有利になっていきました。しかし、升田先生は途中で対応を誤り、差が縮まっていきました。

終盤、大山先生は方針を転換し粘る姿勢を見せました。これが功を奏したのか、升田先生は駒不足で攻めきる事ができず、大山先生が一気に升田先生の守備陣を崩壊させ寄せきることに成功しました。

大山先生の緩急自在な指し回しは実に見事だったと思います。

使用音楽については、今回はタイトル戦ではなかったので、煉獄庭園様以外の和風の曲を選出しました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第171局 西川慶二 六段 VS 羽生善治 棋王
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第171局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第171局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年04月10日
棋戦名
第5期竜王戦2組ランキング戦3回戦
対局者
☗西川慶二 六段 ☖羽生善治 棋王
戦型
三間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
維新
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 急転直下の仕掛けで主導権を握る羽生先生

序盤、何を思ったのか羽生先生が三間飛車に振りました。その後、羽生先生は穴熊に組み、西川先生は位取り銀冠で対抗します。

中盤、羽生先生が2筋・3筋の歩を交換した後、6筋に味付けをして馬を作り飛車交換をしました。その後、西川先生も馬竜を作ることに成功するもの、羽生先生が戦いの主導権を握る展開になります。

終盤、馬の強さで西川先生は凌ごうとしますが、羽生先生はそれを許さず、そのまま羽生先生が勝利を収めました。

囲いにあと1手使いそうな局面でそれをせずに意表を突いてそのまま主導権を握って勝つ。こういう勝ち方を一度はしてみたいと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus