カテゴリー:横歩取りの記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:横歩取り
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第141局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1964年10月30日
棋戦名
第3期十段戦七番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 十段
戦型
横歩取り
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」

煉獄庭園
煉獄小僧

動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「珍しい相横歩取り、大山が制す」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. かなり珍しい穏やかな相横歩取りの将棋

序盤、先手の升田先生が早々と☗9六歩としたため、升田先生は実質後手に回ります。戦型は横歩取り模様の展開から相横歩取りになりました。

中盤、相横歩取りの将棋は飛車交換から激しい展開になる場合もありますが、本局では比較的穏やかな展開に成りました。升田先生はやや攻撃的な構えを取り、大山先生は守備的な構えを取ります。

升田先生が8筋・9筋からの突破を試みますが☗8四飛で飛車の横利きが消えました。大山先生はその瞬間を見逃さずにに☖2六歩以下踏み込んで、金銀と飛車との2枚替えを成功させ、同時に升田先生の守備陣の2筋・3筋を突破することに成功します。

終盤、升田先生も1手差まで詰め寄りますが、大山先生が升田先生の玉を正確に仕留め決着がしました。

相横歩取りの将棋は珍しいですが、飛車交換をしない相横歩取りはもっと珍しいと思うので、なかなか興味深い将棋が見れたと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第140局 島朗 竜王 VS 羽生善治 六段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第140局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第140局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年11月28日
棋戦名
第2期竜王戦 七番勝負第5局
対局者
☗島  朗 竜王 ☖羽生善治 六段
戦型
横歩取り
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
酔狂HEAVEN! 煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 巧みな飛車の動きで島先生を翻弄し守備陣をバラバラにさせて勝利を収める羽生先生

序盤、戦型は横歩取り☖8四飛型となりました。

中盤、島先生が31手目☗6六歩と角道を止めたのを見て羽生先生は☖8六歩から横歩を奪還します。対して島先生は☗8七金から飛車を追い払いますが、その影響で島先生の守備陣はかなりバラバラになってしまいます。対して羽生先生は守備陣を中住まいに組み換えました。

終盤、羽生先生はと金を左右に1枚ずつ作り、2枚のと金で挟撃態勢を築きます。島先生も羽生先生の守備陣の右翼を突破しますが、左翼が広く玉の広さに差が生まれます。最終的には羽生先生が玉頭から殺到しそのまま勝利を収めました。

羽生先生の巧みな飛車の使い方は非常に参考になり、実に興味深いものだったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第129局 西川慶二 六段 VS 羽生善治 五段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第129局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第129局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年05月19日
棋戦名
第2期竜王戦3組ランキング戦準決勝
対局者
☗西川慶二 六段 ☖羽生善治 五段
戦型
横歩取り
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Groundbreaking Samurai Classics Best / Bitter Sweet Entertainment
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のタイトル戦を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 急転直下の猛攻で優位に立つ羽生先生。

序盤、戦型は横歩取り☖3三角~☖8四飛型になりました。形が決まるとお互いに駒組みをします。

中盤、西川先生の☗3六歩を見て羽生先生は☖8六歩と仕掛けます。しかし、☗同歩☖同飛☗3五歩と進むと、狙った7六の歩を取れないどころか3三の角が圧迫されてしまいます。その後羽生先生は☗3四歩を防ぐべく苦心の手順を繰り出します。対する西川先生はなんとしても☗3四歩を実現すべく動きます。その後、羽生先生の大駒はだんだん窮屈になっていきます。

65手目☗2六飛が指された局面、羽生先生は猛攻を仕掛けます。☖8五桂☗8六角で角の利きをそらしてから☖6六飛☗同金☖同角と切り込みます。その猛攻が功を奏し数手後には馬を作り形勢が羽生先生有利になります。

西川先生も巻き返しを図ろうと羽生先生の陣地を攻め立てますが、羽生先生は馬をひきつけて対応し、西川先生の大駒を追い返します。以降西川先生の攻めは迫力を失い、羽生先生の攻めは迫力を増しそのまま勝敗が決しました。

あっと驚く猛攻をやってのけて勝利する。これが羽生マジックというものなのでしょうか?正直驚きを隠せない将棋でした。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第124局 羽生善治 四段 VS 谷川浩司 王位

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第124局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第124局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1987年10月05日
棋戦名
第37回NHK杯将棋トーナメント本戦2回戦
対局者
☗羽生善治 四段 ☖谷川浩司 王位
戦型
横歩取り
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
火龍狂演 煉獄庭園 / 煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 手に汗握る大熱戦

序盤、横歩取りの将棋になり、羽生先生の11手目☗2四飛に対して谷川先生は☖2三歩と応じます。以下、☗3四飛☖8八角成☗同銀☖2五角と進みます。

<

p class=”mb1″>現代の定跡ではここでは☗3ニ飛成が正解とされていますが、羽生先生は☗3六飛と指します。私が読んだことのある書物での見解は以下の2パターンありました。

  • ☗3六飛には☖同角☗同歩☖2七飛で先手不利と結論付けているもの
  • 前項最終手☖2七飛に☗3八銀で難解な将棋が続くとしているもの

当時の定跡を私は知りませんが、現代ではあまり良くないとされている手を当時の羽生先生が選択しました。なので、今後の展開には要注目といえるでしょう。

本譜の進行を見てみると、この変化は難解な将棋になりますが、先手も間違えなければ指せないことはなさそうな感じに思えました。

ただ、☗3ニ飛成の方が定跡となっていることもあり指しやすいのかもしれません。

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus