カテゴリー:向かい飛車の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:向かい飛車
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第169局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第169局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第169局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1971年05月25日
棋戦名
第30期名人戦七番勝負第5局
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
向かい飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
AKATSUKI JAPAN
知恵と知謀の探求者
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、名人復位にあと一番」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 一見危なそうに見える局面でたった一手で一気に自玉安全にした升田先生

序盤、大山先生が向かい飛車に振ったので升田先生は居飛車を選択肢ました。大山先生は持久戦寄りの構えで、升田先生は急戦よりの構えをむせました。

中盤、大山先生が先攻し、升田先生もそれに応じました。その結果、激しい駒の捌き合いになりました。

終盤、大山先生は1筋からの攻めに期待しますが、升田先生はギリギリまで手抜き、ピンチの状態をたった1手で凌いでそのまま勝利を収めました。

「おいおい、大丈夫かよ」と思わせておいてそれを一手で凌ぐ、升田先生のパフォーマンス(?)は実に興味深かったです。

使用音楽については、適当にチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第147局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第147局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第147局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1965年06月09日
棋戦名
第6期棋聖戦五番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 棋聖
戦型
向かい飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
覇道

煉獄庭園
煉獄小僧

動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「左美濃の新構想」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 大山先生の振り飛車に対し天守閣美濃で勝利を収める升田先生

序盤、大山先生は居飛車・振り飛車両方含みの駒組みを進めます。対して升田先生は大山先生が飛車を振ってくると予想して玉を左に持っていきます。囲いは升田先生は天守閣高美濃に囲い、大山先生は高美濃囲いを選択しました。

中盤、升田先生は勢いで仕掛けますが、大山先生に適切に対応された上、囲いの急所をうまく突かれて若干不利になります。しかし、辛抱強い指し回しでなんとかこらえ形成を五分に戻し、やがて升田先生が有利になりました。

終盤、升田先生は飛車切りから一気に大山先生の守備陣に襲いかかり、そのまま勝利を収めました。

左美濃の新構想を披露する升田先生、それに対し適格に急所を突く大山先生。この2人の将棋は次から次へと新しいものが出てくるので見ていて実に飽きないものだと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第139局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第139局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第139局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1964年01月23日
棋戦名
第3期棋聖戦五番勝負第3局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 棋聖
戦型
向かい飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
火龍狂演

煉獄庭園
煉獄小僧

動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、際どい終盤を制する」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 激しい応酬を際どく制する升田先生

序盤、升田先生が向かい飛車を選択したため、大山先生は☗8六歩の仕掛けに気を配りながら駒組みを進め、急戦を目指します。

中盤、大山先生が34手目☖7六歩と角頭を狙って仕掛け、大山先生の攻めに対し升田先生は軽快な指し回しで対応します。その後、升田先生は2枚のと金で大山先生の飛車を抑え込むことに成功します。

終盤、升田先生は2枚のと金でじりじり寄っていくのに対し、大山先生は飛車を見捨て升田先生の玉に猛追を仕掛けます。しかし、大山先生の猛追はわずかに届かず升田先生が勝利を収めました。

と金をじりじりと寄っていって勝てると踏んだ升田先生の大局観や大山先生の必死の猛追等見どころある将棋だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第149局 羽生善治 竜王 VS 真部一男 八段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第149局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第149局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年08月17日
棋戦名
第16期棋王戦挑戦者決定トーナメント3回戦
対局者
☗羽生善治 竜王☖真部一男 八段
戦型
向かい飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
出会い頭の九十九折
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 戦いの最中でもちゃっかり堅陣を築き勝利を収める羽生先生

序盤、真部先生が向かい飛車に振り、両者玉を移動盤面左側に移動させます。羽生先生の玉が8八に来た瞬間に中盤戦に突入します。

中盤、15手目☗8八玉に対し真部先生は☖2四歩から仕掛け、そこから激しい戦いが繰り広げられます。戦いの最中に羽生先生がちゃっかりと左美濃を完成させるのに対し、真部先生の陣形はバラバラになります。

終局の局面、羽生先生には☗2二飛成~☗4三飛成~☗2二角成で真部陣の左翼の駒を取る楽しみがあるのに対し、真部先生には桂か香を入手して2枚飛車に期待したいところですが、玉系の差もあってうまくいくかわかりません。こうなっては真部先生の投了もやむなしといったところだと思います。

準備ができていないのは自分も相手も一緒ということで決戦に踏み込むのは果敢なことですが、本当にうまくいくのかどうか確かめてからにしたい。そう思った1局です

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus