カテゴリー:居飛車力戦型の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:居飛車力戦型
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第156局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第156局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第156局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1966年05月30日
棋戦名
第25期名人戦七番勝負第5局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
居飛車力戦型
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
覇裟羅
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田の奇襲作戦失敗」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の奇襲作戦を打ち破って勝利する大山先生

序盤、升田先生は振り飛車模様の駒組みを見せました。対する大山先生は船囲いに囲いました。しかし、升田先生の狙いはそこにありました。

中盤、升田先生は左銀を☖7六銀としてからの居飛車にありました。升田先生の狙いを見抜いた大山先生は3筋を攻め立て乱戦模様になります。升田先生は大山先生の守備陣を突破しようとしますが大山先生はそれをしっかりと受け止めていきました。その結果、形勢は徐々に大山先生が優勢となっていきました。

終盤、升田先生は大山先生の玉に必死に迫ろうとしますが、大山先生に適切な対応をされ、それは叶わず升田先生はついに投了を選択しました。

升田先生の奇襲作戦は失敗に終わったものの、その作戦は実に興味深く、大変面白い将棋だったと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第093局 花村元司 八段 VS 大山康晴 王位

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第093局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年09月10日
棋戦名
第3期王位戦七番勝負第4局
対局者
☗花村元司 八段 ☖大山康晴 王位
戦型
居飛車力戦型
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
幕末舞曲 ~ 花ノ乱 甘茶の音楽工房
RaO SHW
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく大山先生の受けの名局を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 大山先生の意表を突いた居飛車

花村先生は大山先生が必ず飛車を振ると思っていたらしく、早々と船囲いの構えを見せます。それを見た大山先生は飛車先の歩を突きます。結局戦型は相居飛車の力戦模様になりました。

中盤は花村先生の攻めVS大山先生の受けという展開になります。花村先生にとっては陣形がバラバラなので、攻め勝たないと勝利は難しい将棋なので当然の展開といえるでしょう。

局面は進んで71手目☗4三角が指された局面。大山先生は☖1ニ角と桂馬を守るためとはいえ窮屈な場所に角を放ちます。しかし、この手にはある狙いが秘められていました。☗6一角成に☖3三玉。角道が通った事により、4五の銀と連携した攻めが可能になりました。その後、角銀の連携は絶たれるものの、78手目☖5五桂、☖80手目4六歩を援軍に迎えて攻撃態勢は十分に整います。

その後も激しい攻防が繰り広げられますが、大山先生が花村先生の攻めを受け流し、大山先生が反撃に出てそのまま勝利を収めました。

振り飛車を相手にするときは相手の動きをしっかりと見ないといけないということを学んだ1局です。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第020局 森内俊之 六段 VS 羽生善治 棋王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第020局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年09月19日
棋戦名
第42期王将戦 挑戦者決定リーグ1回戦
対局者
☗森内俊之 六段 ☖羽生善治 棋王
戦型
1局目 矢倉
2局目 ひねり飛車
3局目 居飛車力戦型
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Strigiformes MusMus / Watson
Old Gold
ハクギン
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

1局目2局目3局目

形勢グラフ

1局目2局目3局目
形勢グラフ
形勢グラフ
形勢グラフ

雑記・感想

「将棋 好プレー珍プレー集」(マイナビ出版)で面白そうな将棋を探していたところ、この将棋が目につきました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 千日手を辞さない森内先生の執念とそれに対する羽生先生の指し回し

1局目、81手目☗8六銀が指された局面。羽生先生は☖9五銀とその銀に銀を絡めます。以下☗8七銀打☖8六銀☗同銀☖9五銀・・・。20時52分千日手成立。

2局目、80手目☖4二同金が指された局面。羽生先生は☗4三金とその金に金を絡めます。以下☖3二金打☗4二金☖同金☗4三金・・・。0時19分千日手成立。

3局目。歩桂香を中心に金銀を絡めないよう攻めた羽生先生が勝利を収めました。終局は3時40分。

実はその前年、2局連続で終盤の千日手を挟んで勝利する離れ業を見せたとか、その将棋の観戦記者に対する年賀状の一文には「僕の対局は長いので要注意です」と書かれていたそうです。森内先生の勝利に対する周年は凄まじいものだったようです。

BGMは適当に気に入ったものを3局チョイスし採用しました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第002局 斎藤慎太郎 七段 VS 丸山忠久 九段

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第002局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時 2018年02月15日
棋戦名 第76期B級1組順位戦10回戦
対局者 ▲斎藤慎太郎 七段
△丸山 忠久 九段
戦型 居飛車力戦型
棋譜の出典 将棋棋譜DB2
使用した楽曲 「VyVy」 もぜ楽/mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

変則的な将棋だったのでなんとなく投稿してみました。

39手目▲6六同歩までは変則的ながらいい勝負だったのですが、40手目△6六同角が敗着級のミスで41手目▲6八飛以降は先手の攻めが炸裂しその後は一方的になってしまいました。

40手目△6六同角はうっかりミスだったのかどうかはわかりませんが、本局は丸山九段の変則的な指し回しにあまり動揺せずに冷静に対処した斎藤七段が素晴らしかったとまとめるのが妥当だと思います。

使用音楽については、変則的な将棋に合いそうなBGMを見つけていたのでそれを採用しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus