Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ryvvpkld/public_html/shogi.rick-addison.com/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

カテゴリー:四間飛車の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:四間飛車
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第161局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第161局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第161局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1968年05月07日
棋戦名
第27期名人戦七番勝負第4局
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 名人
戦型
四間飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
神風
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「無理仕掛けの一局」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の無理仕掛けを咎めた挙げ句非常な指し回しを見せる大山先生

序盤、大山先生は四間飛車に対し升田先生は急戦を目指しました。升田先生は本来なら中飛車対策である☗4六金戦法を採用しました。

中盤、自玉が整っていない状況で升田先生は仕掛けますが、実はそれは無理仕掛けで、大山先生はそれをうまく逆手にとり大山先生が有利な展開になりました。

終盤、升田先生は必死の挽回を試みますが、大山先生はそれを許さないどころか形作りすら許さない非常な指し回しを見せました。玉形に大差があり攻防ともに見込みがなくなった升田先生は投了を選択しました。

今回失敗に終わったといえ、升田先生のチャレンジ精神旺盛な試みは評価すべきだと思うし、それをうまく咎めた大山先生も非常ながらも素晴らしい指し回しを見せました。そういうところに本局の見どころを感じました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第159局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第159局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第159局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1968年04月16日
棋戦名
第27期名人戦七番勝負第2局
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 名人
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
酔狂HEAVEN!
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「居飛車穴熊の一局」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 居飛車穴熊を採用する升田先生とそれを打ち破る大山先生

序盤、大山先生は四間飛車を選択し、升田先生は居飛車の持久戦を目指しました。のちに升田先生は穴熊を完成させました。

中盤、最初のうちは1筋~3筋あたりで戦いが行われていましたが、大山先生が6筋に飛車を転換したため、6筋も戦場に加わります。

終盤、大山先生が急所を徹底的に攻め升田先生の玉を追い詰めかけますが、升田先生の切り札の手に対し対応を間違え形勢不明になります。

最終盤、升田先生にチャンスが巡ってくるものの、升田先生はそのチャンスを逃してしまい、最後には大山先生が升田先生の玉を寄せきって決着しました。

升田先生の当時としては斬新な発想といい、それに対する大山先生の見事な対応といい見どころ十分の対局だったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第152局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第152局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第152局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1966年04月07日
棋戦名
第25期名人戦七番勝負第1局
対局者
☗大山康晴 名人 ☖升田幸三 九段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「会心のさばき」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生の会心の捌き手順

序盤、升田先生が四間飛車に構えたので、大山先生は5筋位取り急戦で対抗しました。

中盤、大山先生の☗1六歩(緩手)を見て升田先生は☖5四歩から5筋奪還を目指し、玉頭を中心とした戦いが繰り広げられました。一時的には大山先生が手厚く構えることに成功しものの、升田先生はそれを押し返すことにせいこうしました。

その後、戦いは2~3筋に場を移し、升田先生がじわりじわりと2筋を圧迫していきました。大山先生は一時的に阻止したものの、升田先生は駒を捌いてその勢いで大山先生の守備陣に攻撃を仕掛けました。

終盤、大山先生は攻め合いに活路を見出すものの、升田先生に適切に対処されました。その後、升田先生が大山先生の玉を寄せ切りそのまま決着しました。

升田先生の緩急自在な指し回しと会心の捌き手順は実に興味深いものだったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第153局 小林健二 八段 VS 羽生善治 前竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第153局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第153局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1991年01月29日
棋戦名
第16期棋王戦挑戦者決定戦
対局者
☗小林健二 八段 ☖羽生善治 前竜王
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
SAMURAI BLADE

Wingless Seraph
ユーフルカ

動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 小林先生の四間飛車に急戦策で勝利を収める羽生先生

序盤、小林先生が四間飛車に振り、羽生先生が急戦の構えを見せたので、戦型は☗四間飛車美濃VS☖居飛車急戦となりました。

中盤、羽生先生が☖7五歩と仕掛け、そこから戦いが始まりました。その後、羽生先生は小林先生の陣地の左翼に馬を作り小林先生の大駒を圧迫ことに成功し優位に立ちます。

終盤、小林先生が細々とした攻めで逆襲を試みますが、羽生先生攻めの方が強烈で素早かったため小林先生は投了を選択しました。

58手目☖9八馬に対する☗7三飛成は飛車は後々取られるかもしれないですが、ちょっと切るタイミングが早すぎたような気がします。ピンチなときこそ逆に冷静な対応をしたいと思った1局でした。

BGMは適当なものををチョイスしました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus