カテゴリー:四間飛車の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:四間飛車
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第113局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第113局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第113局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年10月08日
棋戦名
第1期十段戦 十段位決定リーグ
対局者
☗大山康晴 名人☖升田幸三 九段
戦型
陽動振り飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
AmetsuchiPeriTune
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「手厚い指し回し見せた大山が快勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 柔軟で手厚い指し回しで勝利をもぎ取る大山先生

序盤、相矢倉模様になりますが、升田先生が変化して向かい飛車に振りました。大山先生は現代では珍しい玉頭位取りを目指し、升田先生は大山先生の囲いが完成する前に動いたので、その結果戦型は☗居飛車急戦VS☖陽動向かい飛車になりました。

中盤、升田先生は☖2五歩からの飛車交換を目指します。大山先生は拒否するかと思いましたがあっさりと受け入れ、自陣飛車を放ちその後飛車打ちの隙を消します。升田先生は1筋を攻めて☖1八飛から竜を作ることに成功しますが、大山先生の☗4五歩を警戒して竜を受けに使います。その後、再度の飛車交換になり終盤に突入します。

終盤、大山先生の攻めは升田先生の守備陣の急所を的確についているのに対し、升田先生の攻めはかなり遅く、大山先生の苛烈な攻めに升田先生の守備陣は耐えきれずそのまま大山先生が勝利を収めました。

大山先生の柔軟で手厚い指し回しは見事なものだと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第133局 羽生善治 五段 VS 大山康晴 十五世名人

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第133局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第133局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1989年08月25日
棋戦名
第2期竜王戦 挑戦者決定トーナメント準決勝
対局者
☗羽生善治 五段☖大山康晴 十五世名人
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Emotionally Upliftingバトルオブざくアク / mozell & ことり
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のタイトル戦を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

この棋譜は「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第015局」でも取り上げましたが、流れを重視するため再投稿しました。ただ同じものを投稿するのはつまらないためBGMは差し替えました。

それにしても角を犠牲にして竜を作り、大山先生にも竜を作らせるもそれ以外に何もさせずにそのまま押し切る羽生先生は非常に強いと思いました。

BGMは適当なものをチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第127局 吉田利勝 七段 VS 羽生善治 五段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第127局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第127局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年12月22日
棋戦名
第2期竜王戦3組ランキング戦1回戦
対局者
☗吉田利勝 七段☖羽生善治 五段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
RoyalSamurai Classics Best / Bitter Sweet Entertainment
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のタイトル戦を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の巧みな攻防術

戦型は☗急戦VS☖四間飛車になりました。吉田先生が3筋に飛車を振ると羽生先生も呼応して3筋に飛車を振り直します。

中盤、吉田先生は☗4五歩と仕掛け、角交換後☗7七角と打ちます。吉田先生が飛車を2筋に振り直したのに呼応して羽生先生も☖6四角と飛車に当てて角を打ちます。

その後、吉田先生はと金と竜を作って優勢になりますが、羽生先生は飛車をぶつけて吉田先生の竜を消します。再び互いの陣地に飛車を打ち合いますが、今度は素抜きの要領で飛車を交換し、先に敵陣に飛車を打ち込むことに成功します。

最後には羽生先生の陣地は手を付けにくい状態になり、更には羽生先生の巧みな終盤術によって羽生先生は勝利をもぎ取りました。

羽生先生の巧みな攻防術が功を奏した1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第106局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第106局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第106局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1962年01月06日
棋戦名
産経臨時棋戦三番勝負第2局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 名人
戦型
四間飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
忍術ハレーションおとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田積極的な動きも作戦失敗」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 積極的に動こうとするも失敗に終わる升田先生

序盤、大山先生が四間飛車を選択したのに対し、升田先生は玉を移動する前に☗6八銀とします。解説担当者はこの手の解説欄に”趣向”と記述しています。

一方、大山先生は升田先生がやりたいことを先読みし思い通りにさせないという対応を取ったため、升田先生は動くに動けず局面は膠着状態に陥り千日手になります。

互いの闘志がぶつかり合い、均衡を保ち続けた結果生じた千日手と考えると2人の並々ならぬ闘志の強さが伺えます。

使用音楽については、適当に選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus