カテゴリー:四間飛車の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:四間飛車
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第118局 羽生善治 四段 VS 室岡克彦 五段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第118局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第118局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1986年02月15日
棋戦名
第36回NHK杯将棋トーナメント予選2回戦
対局者
☗羽生善治 四段☖室岡克彦 五段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Freezing Edge龍的交響楽 / 藤村ほわん
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯の初優勝までの過程を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の落ち着いた指し回し

序盤はやや落ち着いた展開で、戦型は☗急戦棒銀VS☖四間飛車になりました。

中盤、羽生先生は37手目に☗3五歩と仕掛け、以降右辺を中心に攻防の応酬が繰り広げられます。その後、羽生先生は馬を作って7七に引きます。

その後、室岡先生も歩を絡めてから馬を作り桂香を拾います。羽生先生は☗3四歩と打ち、☖1九馬と香車を取られた瞬間に☗4九飛と馬に当てて先手を取り、☗3三歩成から室岡先生の守備陣の左翼を制圧していきます。

終盤、室岡先生も羽生先生の玉に迫ろうとしますが、羽生先生は落ち着いた指し回しで室岡先生の攻めを受け止め、室岡先生の攻めが止まったら反撃を開始し、そのまま室岡先生の玉を仕留めました。

羽生先生の落ち着いた指し回しが目を引く1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第117局 羽生善治 四段 VS 瀬戸博晴 四段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第117局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第117局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1986年02月15日
棋戦名
第36回NHK杯将棋トーナメント予選1回戦
対局者
☗羽生善治 四段☖瀬戸博晴 四段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
Into The Flame龍的交響楽 / 藤村ほわん
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯の初優勝までの過程を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の豪快な指し回し

序盤はやや落ち着いた展開で、戦型は☗急戦VS☖四間飛車になりました。

中盤、羽生先生は31手目に☗4五歩と仕掛け、以降4筋を中心に攻防の応酬が繰り広げられます。

その後、羽生先生は51手目にはあっと驚く手を指します。☗5三桂不成!以下☖4八飛成☗6一桂成☖4一龍☗7一銀☖同角☗同成桂☖同龍と進みます。

これで羽生先生の攻めは落ち着いたように見えますが、じっと☗5四歩と金をと取り、☖4九飛に対し☗5三歩成~☗5九歩と金底の歩を打ちます。

以降、瀬戸先生も反撃を試みますが、羽生先生は馬を作って引いて受け止めます。再び攻撃のチャンスを手にした羽生先生は瀬戸先生の守備陣に猛攻を仕掛けそのまま仕留めることに成功しました。

羽生先生の豪快ともいえるな指し回しが目を引く1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第094局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第094局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第094局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年11月19日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第2局
対局者
☗大山康晴 王将☖升田幸三 九段
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
風焔おとわび / fumikomidori
Fortune3104式 / Cyber-Rainforce
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「攻めを見切り、一気の反撃」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 大山先生の攻めを見切って反撃する升田先生

戦型は☗四間飛車VS☖急戦となりました。大山先生は升田先生の動きに合わせて飛車を何度か振り直します。

中盤、升田先生が8筋を突破し、3枚のと金を作りますが、大山先生は馬とと金を活かして升田先生の守備陣に襲いかかり半壊させるに至ります。

終盤、大山先生の守備陣がまだまだ堅固なのに対し、升田先生の守備陣は半壊状態の状態が続きます。しかし、升田先生は強気な受けを連発して凌ぎ、大山先生の攻めを見切った上で反撃に出ます。

その後、升田先生が勝勢になり、大山先生は形作りをした後、☖3七角成と王手がかかったのを見て投了しました。

大山先生の攻めを見切った上で反撃する升田先生の指し回しが非常に興味深い1局だと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第092局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第092局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第092局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1958年11月11日
棋戦名
第9期九段戦七番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 王将
戦型
四間飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
AmenoshitaPeriTune
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田の堂々たる指し回し」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 堂々たる指し回しを見せる升田先生

戦型は☗急戦VS☖四間飛車となりました。大山先生は後に向かい飛車に振り直します。

序盤、升田先生は互いの玉側の歩を詰め、大山先生は互いの玉とは反対側の歩を詰めます。升田先生が玉側の歩を詰めたのは後に大きく影響を及ぼします。

中盤、升田先生が機敏に動き馬を作ります。対して大山先生は2筋を逆襲することで対価を求めますが、升田先生の臨機応変の指し回しによって凌がれます。大山先生は☖5三角と角をぶつけて馬を消そうとしますが、☗9六馬と躱され、升田先生が詰めた9筋の端歩が活きる展開に成りました。升田先生の馬は最後まで急所を睨む展開になります。

終盤、大山先生は☖7一飛と玉頭からの逆襲を敢行しようとしますが、☗8六桂と受けられ、空回りします。それでも大山先生は玉頭から食いつく攻めを敢行しますが、今度は升田先生に見切られ届かずに終わります。最後は升田先生が反撃を行い、そのまま勝利を収めました。

升田先生の堂々たる指し回しが光った1局といえるでしょう。

使用音楽については、適当に選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus