カテゴリー:中飛車の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:中飛車
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第038局 鈴木大介 六段 VS藤井猛 竜王

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第038局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1999年11月25日
棋戦名
第12期竜王戦 七番勝負第5局
対局者
☗鈴木大介 六段☖藤井 猛 竜王
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
覇道MusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 激しい攻防戦

戦型は☗中飛車VS☖居玉急戦になりました。

序盤、6手目☖8五歩が指された局面。飛車先を受けるため、☗7八金としたくなりますが、すぐに☖8六歩とすると角交換からの飛銀両取りの変化があるため☗5八飛~☗5五歩と保留しました。☗5五歩を見て藤井竜王は☖8六歩と突きますが、☗5四歩☖同歩☗2二角成以下飛銀両取りが掛かり以降激しい将棋になります。

鈴木六段は中央突破を目指しますが、藤井先生は中央に金銀を寄せて凌ぎます。一方、藤井先生は左翼を突破し、先手玉を横から攻める態勢を着々と構築していきます。

その後、鈴木六段は攻撃手段に乏しくなり、藤井竜王のも攻撃態勢を着々と整えていっていたため、やむなく投了を選択しました。

飛銀両取りに変化は避けたくなりますが、場合によっては有効ということを学んだ1局で、激しい展開でハラハラした1局でもありました。

BGMは適当にチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第035局 藤井猛 竜王 VS 鈴木大介 六段

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第035局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1999年10月27日
棋戦名
第12期竜王戦 七番勝負第2局
対局者
☗藤井 猛 竜王☖鈴木大介 六段
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
OLD GOLDMusMus
watson
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

近い将来、新たな「藤井竜王」が誕生するかもしれないので、20年前に誕生した「藤井竜王」の栄枯盛衰を振り返ろうと思い選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 藤井竜王の駒捌き

戦型は☗左美濃VS☖中飛車になりました。この対局で私が注目したのは2局面です。

1つ目は60手目☖3七歩の局面、以下☗同銀☖3三桂☗4六銀☖4五桂☗同銀☖4四歩☗同銀と手に乗って銀が攻めに参加しています。鈴木六段の言い分が通ったという見方もできますが、最終的にはこの銀が活躍して勝利するわけですから、手に乗ったという表現が正しいような気がします。

2つ目は100手目☖3三金の局面、竜を逃げたくなりますが、お前の役目は終わりだと言わんばかりにバッサリ☗同竜と切ってしまいました。☗3六歩と角道を遮断するための歩を打てたし、これ以上の活躍が見込めないので金を持ち駒にしたほうが得という考えからの指してだったのではと推察します。

本局の藤井先生の駒捌きは非常に興味深いものだったと思います。

BGMは適当にチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第076局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第076局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1957年12月19日
棋戦名
第8期九段戦 七番勝負第5局
対局者
☗大山康晴 前名人☖升田幸三 九段
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
GroundbreakingSamurai Classics Expanded Edition
Bitter Sweet Entertainment
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、丁寧に受け、三冠防衛に王手」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 大山先生の強引ながら激しい攻め
  2. 大山先生の攻めを丁寧に受け止めつつ反撃態勢を整える升田先生

戦型は☗中飛車VS☖急戦になりました。序盤で一歩交換があったものの、その後はしばらく駒組みが続きました。

45手目、浮いている☖7四金に目をつけた大山先生が☗8六角と強引に捌きにかかります。升田先生も負けじと☖同歩。

その後は大山先生の激しい攻めに対し、升田先生は丁寧に受け止めつつも隙きを見て反撃の準備を整えていく展開が続いていきます。

最後には、升田先生が大山先生の攻めが切らし、大山先生の攻めが切れたときには大山先生の玉はかなりピンチだったので大山先生はやむなく投了しました。

丁寧に相手の攻めを受け止めつつも隙きを見て反撃の態勢も整える。その強かさは見習いたいと思いました。

使用音楽については、適当に和風のものを選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第073局

将棋画像

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第073局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1957年11月21日
棋戦名
第8期九段戦 七番勝負第2局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 前名人
戦型
中飛車
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
狼煙おとわび / fumikomidori
Fortune3104式 / Cyber-Rainforce
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田将棋を代表する自陣飛車」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 升田先生が放った伝説の1手

序盤は大山先生の中飛車対し升田先生は☗4六金戦法で挑みます。飛金交換が行われ角を覗いた34手目☖7三角に対し、伝説の1手が飛び出します。そう、☗3八飛打です。

以降、大山先生の猛攻をしっかりと受け止めつつ、隙をみて成桂やと金を作って攻撃する等抜け目ない指し回しを見せます。

途中、小ミスがあったり、大山先生の怒涛の追い上げがあったりしますが、升田先生が勝利を収めました。

使用音楽については、適当に合いそうなものを選びました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus