カテゴリー:中飛車の記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:中飛車
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第119局 羽生善治 四段 VS 芹沢博文 九段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第119局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第119局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1986年03月04日
棋戦名
第36回NHK杯将棋トーナメント予選3回戦
対局者
☗羽生善治 四段☖芹沢博文 九段
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
唸れ剣、踊れ風よ龍的交響楽 / 藤村ほわん
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯の初優勝までの過程を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の巧み指し回し

序盤はやや落ち着いた展開で、戦型は☗急戦棒金VS☖中飛車になりました。芹沢先生が途中8筋に振り直したので羽生先生は囲いを組み替えました。

中盤、互いに一歩も譲らない戦いになり、膠着状態に陥るかと思われましたが、羽生先生は働いていない自分の飛車と芹沢先生の角を交換し、展開が早くなります。

終盤、羽生先生は巧妙な手順で馬を作り、その馬を活かして芹沢先生の攻撃態勢を撹乱し、龍と馬を交換します。その後、羽生先生は芹沢先生の玉に対し挟撃態勢を築くことに成功し、そのまま勝利を収めました。

羽生先生の巧みな指し回しが目を引く1局といえるでしょう。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第113局 羽生善治 五段 VS 大山康晴 十五世名人

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第113局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第113局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年11月16日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦3回戦
対局者
☗羽生善治 五段☖大山康晴 十五世名人
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
バトル・オブ・マオもぜ楽4 / mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生のきめ細やかな指し回し

序盤は互いに駒組みを重視し穏やかな展開になりました。戦型は☗急戦棒銀VS☖中飛車になりました。

中盤、羽生先生が☗3五歩と仕掛けますが、大山先生は玉頭からの逆襲を図るべく☖7ニ飛とします。その後、右辺での戦いはすぐに落ち着きを見せ、大山先生の目論見通り主戦場は左辺を中心に行われました。

左辺での戦いが落ち着きを見せると、羽生先生は☗4四歩☖同銀で大山先生の角道を一旦遮断したあとに☗7六銀☖5三銀☗7七桂と自陣を組み替えます。その後、大山先生は☖4ニ飛と回りますが、☗4四歩☖同飛とさせてから☗4七歩と打ちました。大山先生は次に☖4ニ飛としたので、単に☗4七歩と打つのと比べて1手得をしています。中盤はこのように羽生先生がきめ細やかな指し回しを見せました。

終盤、大山先生は再び飛車を7筋に展開し玉頭からの逆襲を図ります。しかし、羽生先生のきめ細やかな指し回しにより辛うじて受け止められ、一方大山先生の守備陣はかなりピンチな状態だったので大山先生はやむなく投了を選択しました。

この将棋は羽生先生のきめ細やかな指し回しが大山先生を圧倒した1局といっても過言ではないと思う内容だったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第111局 羽生善治 五段 VS 山口英夫 七段

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第111局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第111局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1988年05月02日
棋戦名
第38回NHK杯将棋トーナメント本戦1回戦
対局者
☗羽生善治 五段☖山口英夫 七段
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
風焔おとわび / fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく羽生先生のNHK杯初優勝を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 猛攻を仕掛け、速度の差で勝利した羽生先生

戦型は☗天守閣美濃VS☖中飛車になりました。途中、羽生先生が袖飛車にしたのを見て山口先生も三間飛車に振り直します。

中盤、右辺での駒交換を経て羽生先生は山口先生の守備陣に猛攻を仕掛けます。山口先生も負けじと隙を見て羽生先生の守備陣に攻撃態勢を築きます。

終盤、互いの玉付近で攻め合いが起こり、互いに肉薄しますが、羽生先生攻めが山口先生の攻めよりわずかに早く、羽生先生の77手目☗6ニ銀成を見て山口先生が投了しました。

終盤の玉付近での攻め合いはかなり興味深い内容だったと思います。

BGMは適当なものををチョイスしました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第106局 大山康晴 十五世名人 VS 中村修 七段

将棋画像

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第106局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年01月27日
棋戦名
第56期棋聖戦二次予選3回戦
対局者
☗大山康晴 十五世名人☖中村 修 七段
戦型
中飛車
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
臨界煉獄庭園 / 煉獄小僧
玻璃もぜ楽 / mozell
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

なんとなく大山先生の受けの名局を振り返りたくなったのでこの将棋を選びました。

今回の対局は大山先生が絶体絶命の状態から忍耐に忍耐を重ねて逆転勝利をもぎ取った対局です。

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 粘りに粘って逆転勝利を勝ち取る大山先生

大山先生の振り飛車(中飛車)に対し、中村先生は居飛車穴熊を採用しました。

振り飛車VS居飛車穴熊なので、互いが囲い合うまでゆっくりとした展開が続くか、居飛車穴熊が完成するのを嫌って振り飛車側が先に仕掛けるか展開が考えられますが、本局ではなんと、囲いが完成していない居飛車穴熊から猛攻を開始しました。「攻撃は最大の防御なり」ということなのでしょうか?

大山先生も流石に意表を突かれたのか、防戦一方となり、そのまま窮地に陥ってしまいます。しかし、ここからが大山先生が本領を発揮します。なんと、中村先生の攻めを振りほどいて、穴熊に攻撃を仕掛け、勝利を収めてしまいました。

大山先生が耐えに耐えて勝利をもぎ取った感動を覚えざるを得ない素晴らしい将棋だと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus