カテゴリー:角換わりの記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:角換わり
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年12月27日
棋戦名
第2期十段戦七番勝負第6局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 十段
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
臨界
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、会心の勝利で最終局へ」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 手筋で桂馬を成りこんでそのまま制圧して勝利を収める大山先生

序盤、角換わり相腰掛銀模様の展開になりますが、升田先生は堅陣に入場したのに対し、大山先生は角打ちを警戒したやや薄い構えを取ります。

中盤、升田先生が45手目☗4五歩から仕掛け、☖同歩☗同桂に対し大山先生は☖2二銀と桂の捕獲を狙います。対する升田先生は☗4四歩☖同金☗6五歩☖同銀☗5三桂成と桂馬を成り込みます。以降は升田先生が攻め、大山先生が受けという展開が続きます。

終盤、大山先生も反撃を試みますが、升田先生はがっちりと受け止めそれ以上の攻撃を許さない指し回しをします。その後、奇麗な決め手を放って升田先生が勝利を収めました。

升田先生の手筋や奇麗な決め手に注目し、できる限り自分の物にしたいと思った一局です。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第135局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第135局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第135局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年12月23日
棋戦名
第3期棋聖戦五番勝負第1局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 棋聖
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
Rise Up「紅」
煉獄庭園
煉獄小僧
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「大山、巧妙な自陣角で先勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. リスクを承知で果敢に挑む升田先生の攻めをしっかりと受け止める大山先生

序盤、角換わり相腰掛銀模様の展開になりますが、大山先生は腰掛銀に組まない代わりに6筋の位を確保します。

中盤、升田先生が6筋の位に反発したところで戦いが勃発し、大山先生が妙角を放ったため大山先生が若干有利になりました。

42手目☖6五歩に対し升田先生は☗4八飛☖1三角と角を一旦追ってから☗6五銀右と決戦を挑みます。以下、☖同桂☗同銀☖8六歩☗6四歩と進み以降激戦になります。

終盤、升田先生は大山先生の玉をもう少しのところまで追い詰めますが、大山先生は冷静に対処して難を逃れ、反撃し、その反撃が決まって大山先生が勝利を収めました。

リスク覚悟で決戦を挑むのはなかなかできないことですが、リスクを取らないとチャンスをつかめないことはよくあるのでここぞというときには決断を下したいと思いました。

使用音楽については、適当に選びました。

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第150局 羽生善治 竜王 VS 島朗 前竜王

惹かれる将棋を鑑賞しよう 第150局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第150局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1990年09月28日
棋戦名
第16期棋王戦挑戦者決定トーナメント4回戦
対局者
☗羽生善治 竜王☖島  朗 前竜王
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
鋼の飛翔
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 入るか入らないかの見極めで優位に立つ羽生先生

序盤、角換わりの将棋になり、両者とも腰掛銀を目指したため、戦型は角換わり相腰掛銀となりました。

中盤、島先生が3筋から仕掛け、戦いが始まります。46手目☖3六銀の局面、桂馬を守りたくなりますが、羽生先生は☗4四歩☖4二金の交換を入れてから☗4六角と桂馬を守りました。また、64手目☖4八角成の局面、すぐに金を逃げたくなりますが、羽生先生は☗2四歩☖同歩の交換を入れてから☗6七金と金を逃げました。これらの指し回し等によって羽生先生は優位を拡大していきます。

終盤、島先生も羽生先生の守備陣に食いつこうとしたもののわずかに及ばず決着が着きました。

羽生先生の入るか入らないかの見極め力は実に素晴らしく興味深いものだと思いました。

BGMは適当なものををチョイスしました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第127局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第127局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第127局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年05月23日
棋戦名
第22期名人戦七番勝負第4局
対局者
☗升田幸三 九段☖大山康晴 名人
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
維新
おとわび
fumikomidori
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、得意の角換わりで一矢報いる」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 得意の角換わり戦法で一気に大山先生の守備陣を攻め倒す升田先生

序盤、角換わり模様の展開になりますが、升田先生の9手目☗8八銀に対し大山先生は☖3三角と応じたため、以下☗3三同角成☖同桂と進み変則的な将棋になります。升田先生は堅実に腰影銀を目指し、大山先生は菊水矢倉を目指します。

中盤、升田先生が41手目☗6五歩と6筋から仕掛けます。以降☖同歩☗同銀☖6二飛☗6六歩となり、升田先生が損をしたように見えますが、次の☗7四銀からの桂頭の攻めを見据えた手で、大山先生は☖6三金と一端は桂頭の攻めを防ぎますが、升田先生は1筋で桂頭攻め用の1歩を手に入れ狙いの桂頭攻めを成就させます。以降一気に終盤へと移ります。

終盤、升田先生が勢いのある猛攻を仕掛け、大山先生は頑張って受け止めようとしますが、升田先生はそれを許さずそのまま押し切って升田先生が勝利を収めました。

升田先生の堅実な指し回しと怒涛の迫力の攻めは実に興味深いものだったと思います。

使用音楽については、適当に選びました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus