Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ryvvpkld/public_html/shogi.rick-addison.com/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

カテゴリー:角換わりの記事一覧

RICK式将棋のブログ

将棋に関する動画、書籍、ソフト等を紹介したり、感想を述べたりします。

カテゴリー:角換わり
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第178局 羽生善治 二冠 VS 佐藤康光 六段
惹かれる将棋を鑑賞しよう 第178局

記事の概要

この記事では「惹かれる将棋を鑑賞しよう 第178局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1992年09月29日
棋戦名
第5期竜王戦挑戦者決定トーナメント決勝三番勝負第3局
対局者
☗羽生善治 二冠 ☖佐藤康光 六段
戦型
角換わり
棋譜の出典
将棋DB2
使用した楽曲
幕末舞曲 ~ 戦
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

本局の見どころは以下が挙げられるでしょう。

  1. 羽生先生の歩を使った巧みな攻城術

序盤、角換わりの展開になり双方とも腰掛け銀を選択したので角換わり相腰掛け銀の将棋になりました。

中盤、羽生先生が☗4五歩から仕掛け、4筋の歩を交換します。その後、羽生先生は☗3七角と角を放ち、香車の交換も試みます。対する佐藤先生は☖4六歩と焦点の歩を放ち桂得をに成功しました。

その後、羽生先生は角を捨てて4筋突破を試みるものの佐藤先生の2枚の銀に阻まれ、一時撤退し防戦に回りました。

終盤、防戦に回っていた羽生先生ですが、一瞬の隙きを突いて反撃を開始し、一気に佐藤先生の玉を追い詰めました。

羽生先生は佐藤先生の玉を追い詰めたものの、佐藤先生に反撃するチャンスを与えてしまいました。このチャンスに佐藤先生は猛追を仕掛けますが、羽生先生はそれを凌ぎ、羽生先生の勝利が確定しました。

最後まで目が離せない手に汗握る素晴らしい将棋だったと思います。例のごとくBGMは適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第153局
大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第153局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第153局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1966年04月21日
棋戦名
第25期名人戦七番勝負第2局
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 名人
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
キャワユイそなたとアリオリハベリイマソガリ
動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「遠見の角打ち」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 遠見の角からじっくりとした指し回しで勝利を収める升田先生

序盤、角換わりの将棋になり、升田先生はじっくりとした指し回しを見せ、大山先生は積極的ながらも少々やりすぎともいえる指し回しを見せました。

中盤、升田先生は大山先生の☖3五歩を咎めるべく☗3六歩と仕掛けます。しかし、升田先生はそのまま一気に攻め倒さずに態勢を立て直した後に遠見の角を撃ってじわじわと大山先生を追い詰める指し回しを見せました。

終盤、升田先生はじわじわと大山先生を追い詰めますが、大山先生にも耐える楽しみができ、やや升田先生が有利な形勢が続きます。その後、最終盤でついに升田先生が決断し、一気に攻め倒して升田先生が勝利を収めました。

升田先生のじわじわと相手を追い詰める指し方は興味深いもので、こういう指し方も有るのかと参考になった1局です。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第149局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第149局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第149局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1965年07月06日
棋戦名
第6期棋聖戦五番勝負第3局
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 棋聖
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
火龍狂演

煉獄庭園
煉獄小僧

動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「正確な受けで快勝」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 無理攻めを受けきり勝利を収めた升田先生

序盤、角換わりの将棋になりました。升田先生は左金の活用を保留して右銀の活用と1筋の端歩を急ぎ、対して大山先生は右翼を保留して左翼の構築を急ぎました。

中盤、左金の活用を保留した升田先生の方針を咎めるべく、大山先生は☖5五角と打ちます。升田先生は「来るなら来い」とばかりに☗4七銀。以降7筋~8筋あたりで激しい攻防が繰り広げられますが、升田先生が大山先生の攻めを受けきりました。

終盤、升田先生は攻めが切れないように大山先生の守備陣を攻め、大山先生に粘る余地を与えずそのまま勝利を収めました。

☖5五角以降の攻めは一見無理そうですが、それを受け切るのも容易そうではありませんでした。それ故、大山先生は踏み込んでみたが、升田先生に的確に対処された。そういうやり取りが垣間見えた1局です。

使用音楽については、適当に選びました。

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局

大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局

記事の概要

この記事では「大山先生VS升田先生の棋譜を鑑賞しよう 第136局」の動画について書いていきます。

動画データ

日時
1963年12月27日
棋戦名
第2期十段戦七番勝負第6局
対局者
☗升田幸三 九段 ☖大山康晴 十段
戦型
角換わり
棋譜の出典
「大山VS升田 全局集」 by マイナビ出版
使用した楽曲
臨界

煉獄庭園
煉獄小僧

動画の投稿先

動画

ニコニコ動画Youtube

棋譜

形勢グラフ

形勢グラフ

雑記・感想

大山VS升田全局集でのタイトルは「升田、会心の勝利で最終局へ」です。

本局の見どころは以下のとおりです。

  1. 手筋で桂馬を成りこんでそのまま制圧して勝利を収める大山先生

序盤、角換わり相腰掛銀模様の展開になりますが、升田先生は堅陣に入場したのに対し、大山先生は角打ちを警戒したやや薄い構えを取ります。

中盤、升田先生が45手目☗4五歩から仕掛け、☖同歩☗同桂に対し大山先生は☖2二銀と桂の捕獲を狙います。対する升田先生は☗4四歩☖同金☗6五歩☖同銀☗5三桂成と桂馬を成り込みます。以降は升田先生が攻め、大山先生が受けという展開が続きます。

終盤、大山先生も反撃を試みますが、升田先生はがっちりと受け止めそれ以上の攻撃を許さない指し回しをします。その後、奇麗な決め手を放って升田先生が勝利を収めました。

升田先生の手筋や奇麗な決め手に注目し、できる限り自分の物にしたいと思った一局です。

使用音楽については、適当に選びました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus